NEWSの4人~6人時代別の人気おすすめライブDVDランキング8選!

LINEで送る
Pocket

最近ではバラエティやニュースなどでそれぞれ活躍中のNEWSですが、実はライブがすごいんです。
NEWSのライブはザ・ジャニーズといったライブはもちろん、他のジャニーズライブには見られないような演出も多く、またメンバーの脱退や数々の苦難を乗り越えてきた彼らだからこその独特の「熱さ」もあって、会場には女性だけでなく男性のファンも目立つのが特徴です。
ここではNEWSの魅力がつまったおすすめライブDVDを厳選して、6人時代、4人時代に分けランキング形式で発表してみたいと思います。

スポンサーリンク

NEWSの人気おすすめDVDランキング【6人時代編】:第4位~第1位

第4位.「NEWS LIVE DIAMOND」

発売日:2009年11月14日

ツアータイトルにもなっている「DIAMOND」にちなんで、ペンライトやステージセットもダイヤモンド型で終始キッラキラのDVD。
会場を埋め尽くした何万個ものダイヤモンド型ペンラが揺れる景色は圧巻です。

ドームで歌う6人の「Share」はいつ聴いても、いい。
それぞれのステージの高さが変わるリフターで、バラバラの高さだった6人が同じ高さになる演出も胸にグッときます。

小山さんと山下さんの甘い声コンビが歌う「銀座ラプソディ」はNEWSのイメージとは違ったアダルトなナンバー。
レアな組み合わせこやまPデュエットはコンビ担でなくとも、ドキドキしてしまいます。

そして、NEWSのDVDといえば、番外編がぶ厚い。
DISC2まるごと番外編になっており、ツアーで回った全国のアリーナ公演のドキュメンタリーとそれぞれのメンバーのソロのミュージッククリップとメイキングが収録されていて、コスパ良すぎ。
ドーム公演とアリーナ公演は規模が違うだけに、両方収録されているのは嬉しいです。


第3位.「Never Ending Wonderful Story」

発売日:2007年8月8日

6人での再スタートとして全国を回ったツアーDVD「Never Ending Wonderful Story」。
活動休止期間を経て、満を持しての復帰にメンバーもファンの盛り上がりも最高潮。

メンバーからの「ただいまー!」にファンからの「おかえりー!」なんていつものC&Rもこのツアーではより一層、意味のあるものになり、DVDで観てもうるっときちゃうシーンです。

また、メンバーのソロコーナーもあり、それぞれの魅力を知ることもできます。
シゲの世界観はこのころから変わらずシャレオツサブカルに浸かっていて最高。
踊れるかわいいモンスターまっすーのダンスナンバーや小山さんのアダルトなソロ、特に美しく舞う錦戸手越がバックについた「ゴメンネジュリエット」は必見です。

そして、みんな大好き「I・ZA・NA・I・ZU・KI」の最高傑作がおさめられているのがこのDVD。
必殺シゲの「くっちづけを…」はもちろんのこと、あの紫衣装で暗闇に浮かぶNEWSの映像は一度観たら、頭から離れません。

ちなみにバックについた小さいJr.時代のHey! Say! JUMPもたくさん取り上げられていて、二度おいしいDVDです。

そして、ぶ厚い番外編、今回もどっさり。
こちらは本編の曲と曲の合間に、各地のドキュメンタリーが挟み込まれており、また番外編として全国各地のおいしいものを担当メンバーが用意し、振る舞うという「ドキュメンタリー@グルメツアー」が収録されています。
メンバー同士の関係性やバックステージでのわちゃわちゃもみられて、大満足の1枚です。


第2位.「NEWS CONCERT TOUR pacific 2007 2008 -THE FIRST TOKYO DOME CONCERT」

発売日:2008年8月13日

NEWSの聴いてほしい曲が全部入っているいいとこどりライブDVD「pacific」。
シングル曲をはじめ、メンバーのソロ曲、修二と彰の山下錦戸ver.や関ジャニ曲、デゴマス、コヤシゲなど40曲がぎっしり。

特に、2つの曲を掛け合うように歌い踊り合う「SHOCK ME vs Devil or Angel」は見ごたえ充分。
赤と青に分かれた3人がバトルのように、力強く歌い合う姿はたくましさとどこかせつなさも感じる名作です。
ゴリゴリのダンスナンバーからしっとりとしたバラード、せつないラブソングまでふり幅がすごいライブDVDです。

そして、おなじみの豪華な番外編。
こちらもライブ本編のほかに、ドーム公演のMC、アリーナツアーのドキュメント、そして2007年に行われた台北ライブのドキュメンタリーまでこんなにいいの?というくらい番外編もたっぷり。
ちなみに、ドームMCには嵐の櫻井くん、二宮くんも登場しています。
空港でのお買い物シーン、各地でのご当地料理お食事シーン、宿泊先のお部屋や楽屋シーン、銭湯での入浴シーン?!まで盛りだくさんの内容でこちらも楽しめます。


ランキング

スポンサーリンク

第1位.「NEWS DOME PARTY 2010 LIVE ! LIVE ! LIVE ! DVD !」

発売日:2010年12月22日

ライブ当時はそんな結末を誰もが予想だにしませんでしたが、6人での最後のツアーとなった「LIVE ! LIVE ! LIVE !」。

メンバーカラーのギラッギラのコートに身を包んだNEWSが歌う「恋のABO」から始まるライブがつまらないわけがない!

四季ソングが豊富なNEWSならではのセトリで、春夏秋冬に沿ったライブ構成も素敵で、開始早々に舞った桜の花びらが残るステージでライブが進んでいくのも情緒があります。

「Dancin’ in the Secret」ではビームライトがビュンビュン飛ぶ中、黒い衣装で踊るダークNEWSがめちゃくちゃかっこよくてテンション上がります。

テゴマスコーナーでは「テゴマスのあい」ツアーでいっしょだったぞうさんトロッコに乗ってやってきたテゴマスちゃん。茶色のくるくるヘアの手越さんがとにかくプードルのようで子猫ちゃんたちは必見。
そのテゴマスに対抗して、コヤシゲの新曲「言いたいだけ」も炸裂。
黒縁メガネに謎のゴシック調の衣装に身を包んだコヤシゲの狂ったダンスはクセになって、「言いたいだけ」がつい口グセになってしまう中毒性。

そして衣装もギラギラ、ゴテゴテ、盛り盛り、ファーたっぷりで最高。
セットも豪華で凝っていて6面のスクリーンや、6基の気球型のバルーンに乗って高くあがるNEWSの姿は今でも思い出されます。

スポンサーリンク

NEWSの人気おすすめDVDランキング【4人時代編】:第4位~第1位

第4位.「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」

発売日:2017年12月14日

「QUARTETTO」というタイトルに合わせた音楽にあふれるライブで、劇場型のセットやト音記号型のペンライトが揺れる景色は、テーマにぴったりの音楽にあふれる空間でNEWSだけでなく、会場のファンもライブの一部のようで本当に素敵でした。

MCでは、テゴマスとコヤシゲが交互にトイレに行き、テンションだけで出来上がった手越さんの即興ソングに合わせて移動する自由すぎるNEWSに笑いっぱなしです。

NEWSとJr.同士の絡みも見どころでわちゃわちゃするメンバーがたっぷりかと思えば、Jr.と揃って大勢でダークに踊り狂う「Wonder」にはあまりにかっこよすぎて涙出るほど。

また、緞帳があがり、世界的な指揮者西本智実さんとフルオーケストラが登場したときの盛り上がりは東京ドームが割れんばかりの歓声でした。


第3位.「NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome」

発売日:2014年3月19日

10周年を迎えたNEWSが4人で迎えたドーム公演。
ライブ1曲目から「WORLD QUEST」「チャンカパーナ」「4+FAN」「渚のお姉サマー」「恋祭り」「フルスイング」と続く、ぶち上げのセトリからもNEWSの意気込みが伝わってくるライブでした。

NEWSライブの楽しみのひとつである増田さんが手がけた衣装も豪華で個性的で、見どころです。
カラフルなボールが入ったスケルトンのベストがめちゃくちゃかわいい!
4人のNEWSのマークになった□▽〇♡モチーフのステージやペンライトも凝っていて、ファン心をくすぐります。

アンコールで披露された「愛言葉~てをひいて~」は今でも大切に歌われるNEWSとNEWS担にとって大事な曲。
小山さんの「泣かせてごめんね」に想いつまりすぎてて何度聴いてもまた泣いちゃう。
10周年を迎えた喜びを爆発させたNEWSの姿が観ていてこっちも嬉しく胸が熱くなるDVDです。


第2位.「NEWS LIVE TOUR 2015 WHITE」

発売日:2016年4月20日
まず、デッキにDVD入れて流れるタイトルバック、メニュー画面がすごい。
時間がなくて、でもどうしても「White」が観たいってときはライブが凝縮されたこのタイトルバックだけで軽く満足できそうなくらいすごいです。

NEWSのグループカラーというと、白を思い浮かべるという人が多いのではないでしょうか。
檻のようなエレベーターから白い衣装をまとって登場するNEWSの姿、会場を埋める真っ白のペンライトの海。

ジャニーズの中では4人という少人数のグループなのに、ドームが広すぎない。
しかも、広い会場ではメンバーは散らばりがちですが、NEWSは4人で固まって移動するから4人の固まった姿をどの席にいても楽しめました。
また、NEWSが着替えや移動中のJr.の衣装やダンス、演出が異常な仕上がりで感動もの。
その部分だけでひとつの作品になっていて、Jr.の担当の方も絶対、買いです。

あと「恋のABO」をはじめ「NYARO」「Whether NEWS」などのC&Rの会場の一体感がすごい。
DVDで観てもちょっと引くくらいすごいです。

小山さん「平日キャスター、週末はアイドル小山慶一郎です!今日は週末なので、アイドルでいきます!」
まっすー「ぼくの夢の場所、東京ドームに連れてきてくれてありがとうございます」
シゲ「一番後ろ!遠くたって関係ねえ!距離じゃねえ!盛り上がっていこうぜ!」
そして水道橋の駅にネジを置いてきた手越さんの「みんなの愛を貯金しときたい」
などグッとくる煽りも見どころです。

あとDISC3のタイトルバックもまた芸術。
メンバーのソロを組み合わせたものなのに、ひとつの作品のようにストーリーがある美しい映画の予告のようで何度も見てしまう。

何色にでも染まれるという意味でのフレッシュの白ではなく、何物にも染まらない、たとえ染まったとしても白に戻せる強さをもった白のようなイメージ。
NEWSは白が似合う、あらためてそう思えるライブDVD「White」です。


ランキング

スポンサーリンク

第1位.「NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜」

発売日:2013年1月30日

4人での再スタートのサイトなどでも用いられていたカウントダウンで始まる秩父宮ラグビー場での復活野外ライブ。お城のセットに真っ白の衣装で現れるNEWS、流れる「チャンカパーナ」、この時点でNEWS担はもう泣いています。

あと、地味にびっくりするのが野外ってフライングできるんだ。
アイドルがほんとうに空飛んでくるからテンション上がりまくりです。

6人で歌ってきた歴代のNEWS曲を、4人の新しい歌割りで歌うというところも昔からのファンにはグッとくるポイント。山下くんが、錦戸くんが歌っていたあのパートをこのメンバーが歌うんだ、というのも初披露でした。

もうセトリも雰囲気もめちゃくちゃエモいのは言わずもがなですが、夏の野外で聴く「BEACH ANGEL」や「SUMMER TIME」の夏ソングや「LET’S GO TO THE PLANETS」と「愛はシンプルなカレーライス」のかわいさ全開のプリティコーナーなどライブとしても見ごたえ充分です。

でもやっぱり、涙の挨拶からの「フルスイング」が一番だめなやつ。
言葉にする何倍も、何倍も胸をえぐってきて誰もが涙なしではみられない名シーンです。
このDVDで、多くの男子が堕ちたといわれるほど、NEWSは男子にこそ響く歌詞や歴史があり、男子にこそおすすめしたいジャニーズグループです。

まとめ

NEWSの人気のおすすめDVDランキングは以下の結果でした!

6人時代編
第1位.「NEWS DOME PARTY 2010 LIVE ! LIVE ! LIVE ! DVD !」
第2位.「NEWS CONCERT TOUR pacific 2007 2008 -THE FIRST TOKYO DOME CONCERT」
第3位.「Never Ending Wonderful Story」
第4位.「 NEWS LIVE DIAMOND」

4人時代編
第1位.「NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜」
第2位.「NEWS LIVE TOUR 2015 WHITE」
第3位.「NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome」
第4位.「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」

NEWSのライブを初めて見る方は、まずは「NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜」がオススメです。
女性だけでなく、男性にもおすすめのNEWSのDVD、みなさんもぜひ一度ご覧になってみてください。

【関連記事】
【最新ライブ】NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ
【人気投票実施中】NEWSのメンバー人気ランキング!意外な性格や仲を一挙紹介!
NEWSの人気曲・名曲ランキング!ファンが選ぶおすすめベスト10の結果!
NEWS 4人~6人時代別の人気アルバムを一挙ランキング!
NEWS 4人~6人時代別の人気ライブDVDランキング8選!
NEWSのCMソングのタイアップ集!曲や出演者など一挙紹介!
NEWSのキュンとする歌詞の意味とは?心に響く歌詞ランキングトップ9!
NEWS定番の人気結婚式ソングは?余興で使いたいおすすめBGM特集

【高額買取】ジャニーズグッズを高額で売るならこちら

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

スポンサーリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら
ページ上部へ戻る