SHISHAMOってガールズバンド?メンバーの性格や魅力を一挙紹介!

LINEで送る
Pocket

あなたは今ティーンズの間で人気のスリーピースバンド「SHISHAMO」をご存知ですか?
もともと漢字表記だったバンド名から今の表記に変更したバンドで、知らない人からすると「し、ししゃも…?」と驚きがちなバンド名ですよね。
今回はそんなSHISHAMOのメンバーについていろいろな面をたっぷりご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

宮崎朝子(みやざきあさこ)

担当:ボーカル、ギター
生年月日: 1994年12月22日

まずはSHISHAMOのボーカル兼ギターを担当している宮崎朝子さん。

宮崎朝子さんと言えば特徴的な前髪がポイントですね!
短めでアシンメトリーな前髪はユニークながらも「可愛い!真似したい!」とティーンズの間でも人気となっています。
この前髪は楽屋で前髪を切っていた宮崎さんに対して言った「それ大丈夫なの?」というメンバーの一言がきっかけで出来上がったというおもしろエピソードもあるようです。

楽曲のほとんどを作り上げているSHISHAMOの源である彼女は、ピンクや人形といった女の子らしいものが好きな一面もあるのですが、「座右の銘は何ですか?」という質問に対して「座右の銘はありません。人や人の言葉を信じてないので。」というサバサバした性格面もあります。

宮崎さんと言えば、可愛さから色っぽさまで出せる幅広い歌声が最大の魅力だと思います。
楽曲によって片思いをしている男の子や切ない気持ちを抱える女の子、ちょっとわがままな女の子などをうまく表現していて多彩ですね。
楽曲「熱帯夜」と「君とゲレンデ」を聴き比べるとよくわかるのでおすすめです。

松岡彩(まつおかあや)

担当:ベース
生年月日:1996年1月31日

次にご紹介するのはベース担当の松岡彩さん。
もともとSHISHAMOには松本彩さんという一文字違いのベース担当メンバーが在籍していたのですが、バンドは二十歳までという条件から脱退、その後加入したのが松岡彩さんでした。

松岡彩さんはRUSH BALLで裏方のバイトをしていたのですが、宮崎さんの勧誘にて加入しました。
ファンにお披露目したのは2ndシングル「量産型彼氏」が初めてとなります。

大阪府出身ということもありサバサバしているように見えるのですが、その性格はおとなしくマイペースだと言われています。
ボーカルの宮崎朝子さんはズバリと何でも言うタイプですが、松岡彩さんは逆のようですね。

吉川美冴貴(よしかわみさき)

担当:ドラム
生年月日:1994年11月26日

最後にご紹介するのはSHISAMOのドラム担当、吉川美冴貴さんです。
SHISHAMOのバンドリーダーを務める彼女は、リーダーを務めるということだけあってザ・優等生な性格といえます。

また、自他ともにみとめる「エゴサの鬼」だそうで、TwitterといったSNSやネットなどで自分の名前を検索するエゴサーチと呼ばれる行為を頻繁に行っているようです。

吉川さん自身も「エゴサ、してますからね。
みなさんが本人にバレないようにって検索避けとかしてうまく呟いてても見てますからね!」と豪語しています。
短気なのにエゴサーチをしてしまうのは大変そうですが、まさにエゴサの鬼ですね。
もしかしたらこの記事も見ているかもしれません。

まとめ

今回はSHISHAMOのメンバーについてご紹介しました。
SHISHAMOの楽曲は曲ごとに印象も違い、MVでは3人それぞれのユニークな姿が印象的です。
SHISHAMOの世界観はメロディーに合わせられた歌詞で表現され、「この曲はこういうテーマなんだな」というものがとても伝わるので聴きやすくおすすめです。

ティーンズのリアルな感情を、世界観を損なわないフレーズで表現する彼女たちは、今後の伸びしろも大きく期待値が高いバンドと言えるでしょう。
あなたも是非一度SHISHAMOの楽曲を聴いてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

スポンサーリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら
ページ上部へ戻る