Base Ball Bearのメンバーの性格や仲は?ギター湯浅の脱退理由とは?

LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

Base Ball Bearは「青春ギターロックバンド」と呼ばれ、青春の煌めきや美しさを前面に押し出した「青春ギターロック」をモチーフに作られた楽曲を多く生み出し、数々のヒット作を作って来ました。
最近は甘酸っぱい青春ソングのみならず、大人っぽく艶やかな曲も作っており、まだまだ成長していく彼らには魅了されっぱなしです。

彼らのファンになって10年近くなりますが、初期の青春ソングから、最近は都会の夜を感じさせるような大人っぽい曲まで幅広く手掛けており、ますます目が離せなくなっています。

スポンサーリンク

Base Ball Bear メンバー名前一覧

2006年にデビューして以来、幅広い音楽性と確かな演奏力で中堅バンドの中でも突出した存在感があるBase Ball Bear(ベースボールベアー)。
ボーカルギターの小出祐介、ベースの関根史織、ドラムの堀之内大介の3名で活動しています。
2001年:高校の文化祭のステージに出演するために結成(当時のバンド名はBase Ball Bearではなかったが、現在と同じメンバー)。
2002年: デモテープが東芝EMIのスタッフの耳に留まり、2003年インディーズデビュー。
2006年:メジャーデビューを果たし、現在までで19枚のシングル、7枚のアルバムをリリース。
2016年:ギターの湯浅将平が脱退し、以後サポートギターを入れ3名で活動。

小出 祐介:ボーカル・ギター
関根 史織:ベース、コーラス
堀之内 大介:ドラムス・コーラス
湯浅 将平:ギター ※2016年脱退

小出 祐介 (こいで ゆうすけ)

愛称・呼び方:こいちゃん
担当:ボーカル・ギター
生年月日:1984年12月9日
Base Ball Bearのボーカル・ギター担当、及びBase Ball Bearの作詞作曲を担当しています。
東京都江戸川区小岩出身。

学生時代あまり良い思い出がなかったようで、今も時々当時の話しをされています。「闇小出」です。(笑)
そして、サブカルチャー等に造詣が深く、その知識をよくメディア等で披露しています。

まず、『映画』について。
邦画・洋画今昔関係なく、詳しすぎるんです。

彼が「映画部」として発足した集まりを、ミュージシャン仲間(ハマ・オカモト、オカモトレイジ(okamoto’s)、福岡晃子(チャットモンチー))と定期的に開催しており、その知識を余すことなく話してくれています。

また、学生の頃バンド活動をしていなかった時に、ひたすら映画ばかり見ていたようで、当時は映画監督も目指されていたみたいですよ。

そして、『アイドル』について。
アイドルファンらしいのですが、あくまでも楽曲から好きになるそうです。
そこはミュージシャンですね。
ちなみに一番の推しは℃‐uteの矢島舞美。

また、小出さん自身はアイドルに対して「在宅主義」を貫いており、アイドルのライブや握手会にはなるべく参加されないようです。
参加されない理由は、「好きなアイドルに会ったら死ぬから!!」との理由らしいですよ。

そんな小出さん、知識が広くとても深いため、仲良しのバカリズムさんからは、「TSUTAYA」と呼ばれています。(笑)

関根 史織 (せきね しおり)

愛称・呼び方:しおりちゃん、関根嬢
担当:ベース、コーラス
生年月日:1985年12月8日
埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。

メンバー内唯一の既婚者。
2012年2月14日のSCHOOL OF LOCK!内のベボベLOCKS!にて結婚報告をしました。

ナンバーガールの中尾憲太郎に影響され、ダウンピッキングを多用しています。
指弾きではなく、ピック弾きなのは男らしい音を出すため。

大ファンであるジェスロ・タルのイアン・アンダーソンがライブで行う「フラミンゴ奏法」の影響を受け、片足を上げて演奏することも多いんですよね。
ライブに行くと片足上げて弾く姿や、大きく足を広げて男前に弾いていたりして、いつもほんわかしている関根さんとは違う一面が見られるので新鮮です。

関根さんのベースの色は、ファンから「関根さんが赤いベースを持っているので、自分も同じのを買った」という理由からずっと赤にしているようです。ファン思いですよね。

最初はキーボードとしてBase Ball Bearに入ったんですが、のちにベースに転向しています。
ちなみに、ベストアルバム「バンドBのベスト」の「若者のゆくえ」にてピアノを弾いていらっしゃいます。

また、映画「リンダ・リンダ・リンダ」に出演。
その時は、ベースパートの女子高生役を演じていました。
関根さんの初々しさが画面から伝わって来て、とても微笑ましかったことを思い出しました(笑)

スポンサーリンク

堀之内 大介 (ほりのうち だいすけ)

愛称・呼び方:堀くん、堀之肉
担当:ドラムス・コーラス
生年月日:1985年1月17日
東京都品川区出身。
趣味は、筋トレ、フットサル、プロレス観戦。

ライブでは熱いパフォーマンスを見せてくれる堀之内さんですが、男性ファンが多いんですよ。
ライブに行くと堀之内さんコールが客席から起こります。

そして、ラグランTシャツ好きが高じて、自身の提案によりツアーグッズとしてラグランTシャツを製作しています。
毎ツアー、堀之内さんのラグランTシャツが売っています。

実家には神社があり、その神社はお祖父様が建てられたとのこと。
また母親と妹は医者。

高校生の頃には、生徒会、応援団にも入っていたようです。
昔から熱血な方なんですね。

学生時代は、ボーカルの小出さんと見分けがつかない程外見が似ていました。
そして、ボーカルの小出さんの事が大嫌いだった時期があるようで、その時、小出さんと喧嘩をして、「小出のこの野郎!」と小出さんの作ったデモテープをめちゃくちゃに壊したことがあるようです。

また、ライブでは「夕方ジェネレーション」の出だしのカウント「ジェッジェジェッジェッジェネレーション!」を言っているのが堀之内さんで、ライブの盛り上がりには欠かせません。

湯浅 将平 (ゆあさ しょうへい)※脱退

愛称・呼び方:将平、ゆあさ
担当:ギター
生年月日:1984年4月16日
千葉県松戸市出身

ベースの関根さんとは、学生時代の水泳部の先輩後輩関係。

趣味は飲酒で、酒絡みの失敗が多く、あまりにも失敗が多かったので、2012年に断酒されました。
シングル曲「GIRL FRIEND」のPV撮影にも遅刻してしまったようですし、断酒して正解だったのかもしれませんが、断酒してすぐに痛風になってしまい、小出さん曰く「やめ損」。

また、非常に寡黙な方であり、「彼の声が聞けたら幸せになれる」みたいな伝説もあったらしいですよ。

突然の失踪!?2016年に正式に脱退

そんな湯浅さんですが、2016年2月中旬に脱退されています。
突然制作現場に現れず、この時より連絡がつかなくなったとのこと。
この後第三者を通じて「Base Ball Bearでの活動を続けるのは難しい」という本人の意思表示が関係者などに伝えられました。

この意思表示がなされてからの以後数日間の間、様々な方法で本人との話合いの場を設けようと試みたものの上手く行かず、バンド、そして所属事務所であるソニー・ミュージックアーティスツは、4人でのバンド活動は困難であると判断しました。

その後、3月2日夕方頃、公式サイトを通じて脱退の旨を発表し、この日を以って、Base Ball Bearを正式に脱退されました。

湯浅将平がベボベを脱退した理由とは?

しかし本人のコメントはなく、脱退理由については公表されていません。
なぜ湯浅さんは、このような形で脱退してしまったのでしょうか?

脱退を伝えたのは本人ではなく、第3者ということからメンバーと話もしたくないほど関係が悪化してしまったように感じられます。
しかし、これまでに紹介してきたように、Base Ball Bearのメンバーは学生時代からの知り合いで仲がいいことがわかります。

湯浅さんは無口な性格だったようですが、関係が深いメンバー間で脱退を伝えないというのはさすがに考えずらいですよね。

すると病気などのやむを得ない理由があったのかもしれません。
例えばパニック障害やうつ病などの精神疾患になってしまうと、仕事の現場に行けなくなったりしてしまいます。

失踪となると心配ですが、第3者を介して話をされているようなのでその点は大丈夫だと思います。

Base Ball Bearは現在サポートメンバーがギターを担当しており、正式にギターのメンバーを加入させる動きはまだありません。
加入しないということは、湯浅さんが戻ってくるのを待っている可能性もあるのではないでしょうか。

まとめ

3人とも個性が際立っており、ライブに行くとその魅力が充分に伝わってきます。
小出さんは、ライブのMCがとても面白く、ライブで小出さんのMCを聞くのを毎回楽しみにしているファンも多いです。

関根さんは、マイペースでバンドの華のような存在。
堀之内さんはとにかく「男!」です。(笑)その熱い性格がライブにも出ていてカッコいいので、男性ファンがとても多いんです。

また、ライブのMC中に小出さんと堀之内さんが芸人さんのような掛け合いをいつの間にか始めているんですが、それがきちんと「ボケ・突っ込み」として成立していて、とても面白いんですよ。

しかし、たまに言い合いにも発展してしまうようで、そこは今まで和やかに見ていた関根さんがやんわりと制止します。
素晴らしい連携プレーですし、チームとしてまとまっていると思いました。

彼らの素顔や生演奏はライブ会場だけの特権です!是非、至福のひと時を体感してみてはいかがでしょうか。

【Base Ball Bear 人気記事】
Base Ball Bearのメンバーの性格や仲は?ギター湯浅の脱退理由とは?
Base Ball Bearの人気曲おすすめランキングトップ10!
Base Ball Bearの初めてのライブの心得!注意したいマナーや服装とは?

>>【期間限定】4000万曲以上を無料で聴き放題できる方法はこちら<<

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

【イチオシ】音楽聞き放題

更新状況をチェック

【アンケート実施中】

【人気投票】2017年上半期部門、最も心に残ったベストソングは?

  • 選択肢を追加

※1人3票まで、投票したい曲目がない場合は自由に追加してください。

ページ上部へ戻る