THE BLUE HEARTSの人気アルバムCDランキング!おすすめベスト10!

LINEで送る
Pocket

アルバムの発表ごとに、新たな一面を見せてきた、THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。
ファンの多くは有名なCMソングやドラマの主題歌よりも、シングルカットされていないアルバム曲に一番好きな歌があるようです。
優れた楽曲が有名なのではなく、メディアへの露出が大きいから有名なだけで、そういった意味ではアルバムに収められた全ての曲が良い曲であると言えます。
そんな隠れた名曲ぞろいの、ザ・ブルーハーツのおすすめアルバムをランキング発表してみます。

スポンサーリンク

THE BLUE HEARTSの人気おすすめアルバムランキング:第10位~第4位

第10位.「ALL TIME SINGLES 〜SUPER PREMIUM BEST〜」

発売日:2010年2月24日
おすすめ曲:「チェルノブイリ」「鉄砲」「ブルーハーツのテーマ」

【収録曲】
[Disc:1]
01. 1985
02. 人にやさしく
03. ハンマー(48億のブルース)
04. リンダ リンダ
05. 僕はここに立っているよ
06. キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)
07. チェインギャング
08. ブルーハーツのテーマ
09. シャララ
10. チェルノブイリ
11. TRAIN-TRAIN
12. 無言電話のブルース
13. ラブレター
14. 電光石火
15. 青空
16. 平成のブルース

[Disc:2]
01. 情熱の薔薇
02. 鉄砲
03. 首つり台から
04. シンデレラ(灰の中から)
05. あの娘にタッチ
06. わーわー <ライブバージョン>
07. TOO MUCH PAIN
08. 泣かないで恋人よ
09. 夢
10. 皆殺しのメロディー <ライブバージョン>
11. 東京ゾンビ(ロシアンルーレット) <ライブバージョン>
12. 旅人
13. 台風
14. 1000のバイオリン
15. 俺は俺の死を死にたい
16. 1001のバイオリン
17. PARTY
18. CHANCE
19. 夕暮れ
20. すてごま <ライブバージョン>
21. 夜の盗賊団

所属レーベルの垣根を超えた、ブルーハーツ全てのシングル曲とPVを収めた、DVDとCD2枚の3枚組ベストアルバム。
シングル曲はすべて聴いてみたい方にお勧め。

一度は聴いたことのある有名曲から、デビュー当時、オープニングで必ず演奏していた「ブルーハーツのテーマ」、原発というシリアスなテーマについて歌った「チェルノブイリ」など、隠れた名曲も多数収録。
まるで原発に否定的な姿勢が、そのまま音になったような「チェルノブイリ」のイントロのギターはカッコ良すぎ。必聴です。


第9位.「PAN」

発売日:1995年7月10日
おすすめ曲:「トバコの夢(キチナーに捧げる)」「歩く花」「ありがとさん」

【収録曲】
01. ドラマーズ・セッション
02. ヒューストン・ブルース(月面の狼)
03. もどっておくれよ
04. ボインキラー
05. 花になったかまきり
06. バイ バイ Baby
07. 歩く花
08. 休日
09. トバゴの夢(キチナーに捧げる)
10. 幸福の生産者
11. Good Friend(愛の味方)
12. ひとときの夢
13. ありがとさん

バンド解散決定後に作成された、通算8枚目のブルーハーツ最後のオリジナルアルバム。

「レコード会社との契約が残っていた為、仕方なく作った」など、メンバーのモチベーションも低く、各々の寄せ集め的なアルバムとなっていますが、逆にそれが今までに無かった良さも生んでいます。

ドラマーの梶原徹也の初の作曲となる「ドラマーズ・セッション」、同じく作曲、作詞、ボーカルも務める「トバコの夢(キチナーに捧げる)」
ベース担当で、解散に至る経緯に大きく影響を及ぼした、河口純之助のギター弾き語りによる「ありがとさん」などは、ファンが期待する新たな一面ともとれます。

惜しまれながら解散したブルーハーツの最後のアルバムは、最後に聴いてみては、いかがでしょうか。


第8位.「STICK OUT」

発売日:1993年2月10日
おすすめ曲:「夢」「月の爆撃機」「1000のバイオリン」

【収録曲】
01. すてごま
02. 夢
03. 旅人
04. 期待はずれの人
05. やるか逃げるか
06. テトラポットの上
07. 台風
08. インスピレーション
09. 俺は俺の死を死にたい
10. 44口径
11. うそつき
12. 月の爆撃機
13. 1000のバイオリン

もともと1枚のアルバムの為の楽曲を、2枚に分けてリリースした1枚。
もう1枚の「DUG OUT」とは、対を成したようなノリの良いロックな楽曲で構成されています。

シングル曲の「夢」はドラマの主題歌などで有名ですが、シュールな歌詞とロックなギターが見事にはまった「月の爆撃機」と「1000のバイオリン」はこのアルバムを代表する名曲といえます。

晩年のブルーハーツを再スタートさせたいという、強い思いが込められたこのアルバムには、全編通じて力強さと、勢いが感じられます。


第7位.「HIGH KICKS」

発売日:1991年12月21日
おすすめ曲:「皆殺しのメロディ」「あの娘にタッチ」「TOO MUCH PAIN」

【収録曲】
01. 皆殺しのメロディ
02. M・O・N・K・E・Y
03. 心の救急車
04. あの娘にタッチ
05. ホームラン
06. 泣かないで恋人よ
07. THE ROLLING MAN
08. 東京ゾンビ(ロシアンルーレット)
09. HAPPY BIRTHDAY
10. 闘う男
11. ネオンサイン
12. TOO MUCH PAIN
13. さすらいのニコチン野郎

「バカー!」で始まる「皆殺しのメロディ」のイントロが超カッコイイ、オープニング。
ブルーハーツらしい、ロックな楽曲を主体としつつも、前作の「BUST WASTE HIP」同様にアコースティックな楽曲も程よく盛り込まれた、5枚目のオリジナルアルバム。

「ローリングマン」や「さすらいのニコチン野郎」など、ローリングストーンズ色の強い楽曲もあり、バラエティーに富んだ作品となっています。

「TOO MUCH PAIN」はデビュー前から演奏されていたバラードで、ピアノとハーブのイントロと切ない歌詞、美しいメロディーに、グッとくること間違いなしです。


第6位.「LIVE ALL SOLD OUT」

発売日:1996年1月1日
おすすめ曲:「リンダリンダ」「未来は僕らの手の中」「ロマンチック」

01. 人にやさしく
02. ハンマー
03. リンダ リンダ
04. 世界のまん中
05. ロマンチック
06. 青空
07. ブルースをけとばせ
08. キスしてほしい
09. 終わらない歌
10. 手紙
11. 真夜中のテレフォン
12. イメージ
13. 情熱の薔薇
14. 夢
15. 泣かないで恋人よ
16. 月の爆撃機
17. 1000のバイオリン
18. TRAIN-TRAIN
19. 未来は俺等の手の中
20. ブルーハーツのテーマ

ブルーハーツ初のライブアルバム。
やっぱりライブで聴きたい名曲「リンダリンダ」や「人にやさしく」などのノリの良いナンバーはもちろんのこと、メロウなアコースティックナンバーもライブならではの演奏で、また違った魅力を魅せてくれます。

初期から当時最新の曲まで、それぞれが様々な場所で演奏され、当時の勢いがそのまま感じられる1枚に仕上がっており、即興でメロディーが極端に変わる、ヒロトのボーカルやマーシーのギター、ベースの河口純之助のボーカルは聴きどころです。


第5位.「THE BLUE HEARTS」

発売日:1987年5月21日
おすすめ曲:「リンダリンダ」「少年の詩」「ダンスナンバー」

【収録曲】
01.未来は僕等の手の中
02.終わらない歌
03.NO NO NO
04.パンク・ロック
05.街
06.少年の詩
07.爆弾が落っこちる時
08.世界のまん中
09.裸の王様
10.ダンス・ナンバー
11.君のため
12.リンダ リンダ

記念すべきファーストアルバム。
後に語り継がれる、数々の名曲が収められた至極の作品です。

勢いにまかせたような、若さ溢れる楽曲と演奏は、その歌詞に歌われる青臭さそのままに、全てを忘れて走り出したくなる衝動を掻き立ててくれます。
ヒロトの前バンド、ザ・コーツ時代からの楽曲「NO NO NO」や「少年の詩」も収録されており、デビュー前から才能に恵まれていたことがうかがえます。

第2次バンドブームを引き起こした、日本ロック界の金字塔と言っても過言ではないでしょう。


第4位.「DUG OUT」

発売日:1993年7月10日
おすすめ曲:「手紙」「トーチソング」「夕暮れ」

【収録曲】
01. 手紙
02. 緑のハッパ
03. トーチソング
04. 雨上がり
05. 年をとろう
06. 夜の盗賊団
07. キング・オブ・ルーキー
08. ムチとマント
09. 宝もの
10. 夕暮れ
11. パーティー
12. チャンス

本来は2枚で1枚のアルバムであった、前作の「STICK OUT」の続編であるが、音楽的に全く対照的な内容になっています。

全編通じて、ミディアム、スローテンポのアコースティックな曲調とシュールな歌詞の楽曲で占められており、ブルーハーツの新境地ともいえるアルバムですが、「限界を感じた」という河本ヒロトの言葉通りに、バンドの終わり時を感じたファンも多かったと思います。

ただ、やはりブルーハーツのアルバム。
らしい、らしくないなど関係なく、全て良い曲であり、完成度の高い1枚に仕上がっています。


ベスト3

さて、ザ・ブルーハーツのおすすめアルバムランキングはここからトップ3になります!
どんなアルバムがランクインしているでしょうか?

THE BLUE HEARTSの人気おすすめアルバムランキング:第3位~第1位

第3位「YOUNG AND PRETTY」

発売日:1987年11月21日
おすすめ曲:「キスしてほしい」「ラインを越えて」「英雄にあこがれて」

【収録曲】
01. キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)
02. ロクデナシII(ギター弾きに部屋は無し)
03. スクラップ
04. ロクデナシ
05. ロマンチック
06. ラインを超えて
07. チューインガムをかみながら
08. 遠くまで
09. 星をください
10. レストラン
11. 英雄にあこがれて
12. チェインギャング

シングル曲の「キスしてほしい」で始まる、ノリの良い曲で構成された2枚目のオリジナルアルバム。

とげとげしくも、どこか哀愁漂う歌詞とシンプルな楽曲は、ファーストアルバム同様ながら、プロデューサーを迎えての今作は、演奏に硬さが感じられ、粒ぞろいの楽曲ばかりなだけに、少々残念な感じがします。

ギターの真島昌利が初のボーカルを担当する「ラインを越えて」、スカのリズムと不思議な歌詞が面白い「レストラン」、思春期の不安定な心情を肯定し、昇華してくれるかのような「英雄にあこがれて」などなど、当時行き場のないモヤモヤした感情を抱きながら生きていた若者達の代弁者たる地位を確立した名作。


第2位「TRAIN-TRAIN」

発売日:1988年11月23日
おすすめ曲:「TRAIN-TRAIN」「風船爆弾」「青空」

【収録曲】
01.Train-train
02.メリーゴーランド
03.電光石火
04.ミサイル
05.僕の右手
06.無言電話のブルース
07.風船爆弾(バンバンバン)
08.ラブレター
09.ながれもの
10.ブルースをけとばせ
11.青空
12.お前を離さない

パンクロックバンドのイメージを残しつつ、モッズっぽいテイストも感じられる、3枚目のオリジナルアルバム。

ブルースやカントリー的な要素も取り入れた楽曲もあり、勢いがあり、良い意味で一本調子ともいえる前作とはまた違った、新たな魅力が発見できる1枚です。

代表曲である「TRAIN-TRAIN」や「青空」の他、8ビートの疾走感が気持ち良い「電光石火」、ベースの河口純之助の初の作曲、作詞による「風船爆弾」など、これからのブルーハーツの方向性を示す、ポップな一面が垣間見える作品です。


ランキング

スポンサーリンク

第1位「BUST WASTE HIP」

発売日:1990年9月10日
おすすめ曲:「情熱の薔薇」「殺しのライセンス」「夜の中を」

【収録曲】
01. イメージ
02. 殺しのライセンス
03. 首つり台から
04. 脳天気
05. 夜の中を
06. 悲しいうわさ
07. Hのブルース
08. 夢の駅
09. 恋のゲーム
10. スピード
11. キューティパイ
12. 情熱の薔薇
13. 真夜中のテレフォン
14. ナビゲーター

ブルーハーツ過渡期の代表作ともいえる1枚。
シングル売り上げNo1の「情熱の薔薇」が収められた本作は、初のオリコンチャート1位も記録しています。

前3作に比べ、更にバラエティーに富んだ楽曲が収録され、ビートルズでいうところの「ラバーソール」や「リボルバー」を彷彿とさせます。

オープニング曲の「イメージ」のイントロから違和感を覚えたファンも多かったと思いますが、「夜の中を」や「ナビゲーター」のようなフォークソング色の強い曲から、ブルース色の強い曲、ポップな曲など、多種多様な曲調が全てブルーハーツ節となっているところから、バンドのポテンシャルの高さがうかがえます。

名実ともにブルーハーツ史上、最高のアルバムに仕上がっています。

アルバムリリースごとに、変化を遂げてきた、ザ・ブルーハーツ。
進化と捉えるか、単に方向性が変わったと捉えるかは、聴き手に委ねられますが、その時々で、常に強烈な個性を放ってきた存在なだけに、ファンは戸惑うことも多かったと思います。

しかし、元々様々なルーツを持ったバンドであり、そういった変化は、ごく自然な現象であったと思います。
その時、表現したい音があり、詩がある。
それを表現できる沢山の引き出しを持っている。

デビュー当時に出したい音がパンクロックといわれるものであっただけで、それ以上の意味は持たない、その時表現したい事をする。
そう思えば、ブルーハーツの歴史における変化は、受け入れやすく、途中から聴かなくなったファンの方や、これから聴いてみようかと考えている方々の楽しみ方の一つとなるでしょう。

まとめ

最後に、ザ・ブルーハーツの人気のおすすめアルバムランキングトップ10のおさらいです!

1位. BUST WASTE HIP
2位. TRAIN-TRAIN
3位. YOUNG AND PRETTY
4位. DUG OUT
5位. THE BLUE HEARTS
6位. LIVE ALL SOLD OUT
7位. HIGH KICKS
8位. STICK OUT
9位. PAN
10位. ALL TIME SINGLES 〜SUPER PREMIUM BEST〜

ザ・ブルーハーツの曲を初めて聴く方は、まずALL TIME SINGLESをオススメします!
「リンダリンダ」「TRAIN-TRAIN」などが収録されています。
ぜひ聴いてみてくださいね。

パンクロック好きには、「THE BLUE HEARTS」
ポップス好きには「BUST WASTE HIP」
フォークソング好きには「DUG OUT」がおすすめです。

【人気投票】あなたの好きなブルーハーツのアルバムは?
  • 選択肢を追加

【THE BLUE HEARTS 関連記事】
THE BLUE HEARTSの名曲・人気曲ランキング!おすすめトップ10はコレだ!
THE BLUE HEARTSの人気アルバムCDランキング!おすすめベスト10!
THE BLUE HEARTSの歌詞の魅力と意味は?名言ランキング!
THE BLUE HEARTSのメンバーの現在は?個性的な性格や仲を一挙紹介!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

スポンサーリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら
ページ上部へ戻る