【ライブレポ】ジャニーズカウントダウンライブ2016-2017 感想&セトリ @東京ドーム

LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

年末年始の2連休をぶち込んでジャニーズカウントダウンコンサート2016-2017に行ってきました!
数年前まで年末年始に実家にいないのは、さすがに…と言っていたはずが、去年のJUMP大阪カウコンのせいでタガが外れましたね。
30歳も過ぎて人生なんて短いし、何年か前のカウコン(別名マッチコン)に行ってから、「行かないで後悔するより行って後悔した(後悔したらしい)ほうがいいと学んだので、行っちゃいました。

夕方からの年末年始JUMPコンに参戦し、その後呑み納めをし、いざ再び東京ドームへ。

スポンサーリンク

ジャニーズカウントダウンライブ 2016/12/31 東京ドーム ライブレポ ※ネタバレ

タイトル:ジャニーズカウントダウンライブ
開催日 :2016/12/31
会場  :東京ドーム
※セットリストは記事の最後に記載しています。

【関連記事】
【ライブレポ】Hey!Say!JUMP DEAR カウコン 2016/12/31 東京ドームに行ってきました
Hey!Say!JUMP カウコン2016-2017 DEAR セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめはこちら

今年から、KinKi Kidsから年末年始の東京ドームはHey!Say!JUMPへと引き継がれ、そのセットで行われるカウントダウンコンサート。
前後でJUMPコンにも入ったので、セットは一度見ていましたが、このセットを先輩方がどのように使うか楽しみでした。
先輩もシャンデリア乗る?乗る?

JUMPのライブテーマである仮面舞踏会になぞらえ、正面メインステージの両脇にはバルコニーのような小部屋が8部屋ずつ。
小部屋をみるとすぐ102号室とか部屋番号をつける「小部屋イコールJr.マンション」脳のジャニオタ。
また外周には、等間隔に街灯が立っており、視界の妨げになって確かに「街灯一旦下がって!
という瞬間もありましたが、雰囲気があって私は好きでした。

そして5台のシャンデリア(JUMPコンではジャンデリア)。
吊りものやフライングってどうしてあんなに、胸が高まるんでしょうか。
降りてくる(もちろん天から)感じが、ほんと神々しい。

などと、早めに入ってセットを見ながら2016年の最後の日をにやにやと過ごしていた22:45頃。
突然の悲鳴。まだ開演前だというのに、キスマイのメンバーがバクステ正面あたりの外周の下にゾロゾロと出てきた!!
どうやらスポットCMの撮影らしい。
早く入るとこういうこともあるんだ、勉強になるな!撮影が終わると、にこやかに手を振って下がっていくキスマイ。

いよいよ開演時間になり、どんなふうに始まるのかとワクワクしていたら「どーもー!」と生田アナが舞台に現れる。
生田(兄)は出ないカウコンに、生田(弟)が出ている、摩訶不思議。
生田(弟)曰く、生田(兄)はご実家にいるらしい。
TOKIOさんも出てきて、生田アナとおしゃべりしたあと、中継前のコーナーが始まる。

ジャニーズWESTが会場の温度をぶち上げ、A.B.C-Zが「Take a 5 Train」まぶしい世界へ連れてってくれ、そして屋良っちの登場にざわつく会場。
ある世代以上の「屋良っちだ!」のざわつきと若い世代の「誰?」のざわつき。
みんな!屋良っちだよ!あの嵐の「One Love」の振付もした屋良っちだよ!
かつて屋良っちが所属した舞闘冠の「Now and forever」には塚ちゃんも登場し、ある世代には感涙もののショータイム。
スクリーンにはなぜか楷書体?で「屋良朝幸×宇宙six」の文字。
宇宙six、改めて文字にされると、パンチある。

あとやっぱり、優馬の歌はいいなあ。
「Feeling Me Softly」「YOLO moment」も一度聴いたら、心をつかまれる何かしらひっかかる曲だし、優馬のなめらかでセクシーな歌声は聴くたび心が洗われるよう。

そして、Sexy Zoneの4人。
年齢制限でまだ参加できないマリウスは観覧席に確認済み。
今回はマリのところには行かなかったけど、「マリウスがいなくてごめんね」と勝利くんが言ったり、4人がはけるときに手を振るマリウスと振り返す健人くん。
しかしながらセクゾちゃんたちの衣装は本当にいつ見ても豪華。
ドームのような大きい会場でもそのボリュームとキラキラでインパクトがすごい。
ずっと「衣装すごい」しか言えなくなるうらやましいJUMP担。

いよいよ、放送開始時間も迫り、TOKIOさんたちがメインステージに。
そして2番手のNEWSの手越さんとシゲが外周にスタンバイすると歓声があがり、
TOKIO「ちょっとNEWS出てくるの早くねーか!」「しゃがんでて」
と兄さんに言われ、しゃがむ手越さん。\キャーー!!/また歓声があがる。
TOKIO「もっとダサい格好してて!」
横向きに寝転んでみる手越さん。\キャーーーー!!!/もっとボリュームがあがる歓声。
わたし「シゲもいるよ!!!
このやり取りを普通の体勢で聞いていたシゲの気持ちも考えて下さい!

こんなやりとりをしているうちに放送が始まり、サンキューメドレーへ。
メインステでTOKIOの「愛!wanna be with you…」から始まり、外周のリフターで上がっていくNEWS。
リフター9台あるんで何名様でも対応可能ですなと客席でドヤるJUMP担。
『立ち止まっていたとしたってここで終わりじゃなくて』なんて歌い出す「フルスイング」をサンキューメドレーに選んでくるNEWSの心意気にグッとくる。
増田さんプロデュースの衣装は、ボリューミーで動くと裾回りがひらめいてめちゃくちゃドームに映える。

メインステには約5時間ぶりのJUMPちゃん!心なしか5時間前より可愛くなってない???

チョコレート菓子「紗々」と呼ばれるあの衣装で登場。
ひかるくんメガネかけてきたー!!
ウィーケンで他担の方もたくさんいる会場で
C&Rが聞こえて感動してしまった。愛されてるねウィーケン。

そのあと、映像出演の嵐さんがモニターに映り、
モニターの嵐さんに向かって手を振るJUMPちゃんたち。天使だ。
平均年齢24.5歳の天使。

バクステでA.B.C-Z、センステでタキ翼と続き、山Pがムビステで降臨。
ムビステで運ばれてゆく山P。圧倒的山P。

セクゾンは、映像では5人でしたが、会場ではバクステで4人で踊り、放送もされていましたが、ステージを飛び降り、観覧席のマリウスのもとへ走るお兄ちゃん4人。
出られないメンバーの観覧席に嬉しそうになだれ込むお兄ちゃんメンバーという、これぞカウコンの醍醐味。

「ええじゃないか」「NOROSHI」と関西2グループの爆上げメドレーがつづき、キスマイの「Thankyouじゃん!」
サンキューメドレーにぴったりの一曲。
ローラースケート、ドームの移動に便利そう。
キンキ、V6とメドレーが終わったころには、年越しまであと1分を切っていた。
ぞろぞろとメインステに集まってくるジャニーズ。圧巻。

毎年、年越しの瞬間はJUMPして地球にいなかった遊びをしているJUMPちゃん。
ことごとく天使。
特攻でちゃんと確認できなかったけど、紗々のかたまりがわちゃわちゃしていたのでたぶん可愛かったことは間違いないので満足。

挨拶も早々に、シャッフルメドレーがスタート。

「LOVE YOU ONLY」組の髙木くん、みんなで肩組む流れで、先輩をカメラに映りやすい真ん中に譲っていて、チャラそうなのにこういうところが律儀で髙木くんらしいなあと思った。
「勇気100%」組は手越さんのビブラートがっつりの勇100に笑った。勇気2000%くらいでそう。アツヒロくんの本家のスケーティングも見られて感動!
「Darling」を踊る薮くん。結婚してほしさしかない。薮くん、Darling中に軽く5
5千人扶養にいれた。
「オリスマ」組の伊野尾さん、森田さんにあんなにグイグイいく後輩初めてみたわ。こっちがヒヤヒヤする。でも森田さんもまんざらでもないようなリアクションで、伊野尾さんすごい。
有岡さんは「ARASHI」が似合う。常にデビュー曲!みたいな永遠のフレッシュさがすごい。

そして、年男4人を抱えるJUMP担が待ち望んだ怨念の年男コーナー!
岡本(父)と岡本(子)の共演もさることながら、自担の袴姿をカウコンで拝むために12年生きてきたといっても過言ではないくらい、自担の年男カウコンは特別で、そのチケット確保には何らかの戦場をくぐりぬけてきた猛者たちがこの会場にいるのだ。期待値もすごい。


なんか頭に赤いのついてる…?なんだあれ、ト、トサカ???!!

「TIME ZONE」というめちゃくちゃかっこいい曲をトサカをつけて歌わされる珍妙なコーナーに唖然。
しかし、そこはチョロいオタク。岡本親子が顔をよせ、ひとつのマイクで歌い微笑み合えば、ドームが割れんばかりの歓声。
みんな岡本親子好きだな。
そして、翼くんやすばるくん、亮ちゃん男くさい勢がトサカをつけてくれてることにキュン。
セブンちゃんのトサカ、言うまでもなくかわいい。
満を持してトサカ姿の山田さんがアップになるスクリーン。
歓声と悲鳴で割れるドーム。確実に一回割れた。
でもやっぱり、私たちが見たかったのはトサカ姿じゃなくて、袴姿な。
そうして何万人かの袴の怨念がまた12年後まで持ち越されたのでした。

そしてトニセンと東山さんの仮面舞踏会、やばい。
Over40の全員バク宙、やばい。
4分の3が既婚者のバク宙、やばい。

アンダルシアはもはや、観る側よりも、出る側の心理面を思って観るとより楽しめる。
アンダルシア選抜に選ばれる名誉と同時にトニーのようにしくじってはいけないというプレッシャー。
それでも自担がアンダルシア選抜に選ばれたらもう担当冥利に尽きるってもんです。
今年もまた違った顔ぶれのアンダルシア最高でした。
藤ヶ谷さんの歌唱力、健人くんの王子力、小瀧くんのスタイルのよさよ、惚れ惚れした。
今年も無事にこれで年が明けた。

ここからは、グループチェンジメドレー!
先輩や、後輩の他のグループの曲を歌う、こういうのジャニオタ大好きなやつ。

何曲か前からチラチラ視界には入っていましたが、
センステに現れたこそこそと白い衣装とローラーをはいた7人。
チェンジメドレーとはまだ知らなかったのでキスマイ(人数も一緒だし)だろうとは思いつつも、なんかめちゃくちゃへっぴり腰でスタンバイするし、キスマイでもこんな感じなのかなあと思っていたら、

エイト兄さん!!!

ドームに響き渡るすばるさんの歌声と「無理すな!無理すなー!」の叫び声。
藤北玉ポジに、すばる亮ちゃん安田くん、その周りをブサイクポジでヨコヒナ丸大倉くんがローラーですべる、というより転んでもみくちゃになりながらも、果敢にすべりに行く。
チェンジメドレーのトップバッターが全部持ってくのズルい。めちゃくちゃ笑った。

そして「Cha-Cha-Cha Champion」をNEWSが。
「その笑顔チャチャチャ、チャンピオン」を「その笑顔、チュチュチュチュウ、チュッ!」でアレンジしてくる手越さん。
後輩の曲にやめてさしあげろ。
しかし手越さんとセクゾンの親和性よ。
手越さん含めNEWSはセクゾンとアイドルラインが似ているし、歌声も若々しいのでチェンジもしっくりきた。

などなどチェンジしていくけど、JUMPちゃんが来ない。
あとあと10周年メドレーがあるとわかったけど、こういう企画にも参加してほしかったなあ。

CMを挟んで、「若いの来るよ」とTOKIO兄さんがぼそっと言ったのも電波に乗っちゃってましたが、
長瀬くんの「ヘーイセーイジャーーーンプ!!」のシャウトで流れる
「ラーラーラーラー」このラーラーラーラーはUltra Music Power!UMPさん!!
しかしステージにその姿はなく、上空から5台のシャンデリアに乗って降りてくるJUMP!!
結局自分たちで乗ってる!かわいい!10周年のはじまりのカウコンで聞く「Ultra Music Power」の尊さ。
やっぱり誰に疎まれようともデビュー曲はいいなあ。
地上に降り立つと、つづいてはカモナ!知念さんの「Come On A My House?」が、かわいさが、ドームに降りそそがれる。
「JUMPちゃんかわいい!」でドームが包まれたかと思うと、「Give Me Love~」と山田さんのせつない歌声がひびき、その瞬間の、歓声たるや。スター山田、ここにあり。
月9主題歌をシックに踊りメドレーを締めたのでした。

このあと、各グループの曲がつづき、嵐さんもギリギリ間に合い、全員で「花唄」を歌い、フィナーレに。
センステを挟んで、横花道がリフトアップし横一列に並んだジャニーズの光景は圧巻。
このセットよかったよ、JUMPちゃん。突然はじまった謎企画、MVPを発表し、ここで放送終了。

スポンサーリンク

この後、先輩から各グループそれぞれ抱負を述べていったのですが、
岡本健一さんが「これもう放送のってないんだよね?」と確認し、
大声で「サンキューSMAP!!!」と叫ぶと、会場から今日イチ大きな拍手が。
そのあとのV6もいのっちが「サンキューSMAP!!」、タキ翼も翼が「サンキューSMAP!!」と後輩たちがSMAPへの思いを叫ぶ。
彼らの事務所での立ち位置がどういったものなのかオタクは知る由もないけれど、この発言もとても微妙なラインなのだと思う。
現に後輩たちはさすがに自分たちの抱負だけにとどめていた。

最後には長瀬くんが「最後にSMAPに拍手をおくろう!」と会場全体で拍手。

長瀬くん「もっと!!!」。

大きくなる拍手。

長瀬くん「もっと!!」

様々なグループのファンが集まったこの東京ドーム全員が迷うことなく無言でただ拍手をおくった。

おまけですが、この感動的な流れの間に、
年明けから各グループのスベリ初め、1発ギャグ合戦も繰り広げられておりました。
関ジャニ丸山くんがお得意の1発ギャグを受けて、JUMP髙木くんが金八先生のモノマネ、
セクゾ健人くんの1発ギャグ、キスマイ宮田くん、WEST神山くんの金八先生と
なぜか普段はやっていないであろう健人くんすらも巻き込んで、スベリ散らかすジャニーズ。
金八先生は2人とも似ていて、神山くんがモノマネしていると、ステージ上手からもう一人の金八先生(髙木くん)が乱入。金八先生と金八先生の会話。ナニコレ。でも無駄にクオリティが高い。

SMAPの解散を大晦日にむかえ、むずかしい時期での開催でしたが、やっぱり各グループが一堂に会するカウコンは本当に楽しかった。
普段見られない組み合わせやグループチェンジなど今年ももりだくさんでした。

【関連記事】
【ライブレポ】Hey!Say!JUMP DEAR カウコン 2016/12/31 東京ドームに行ってきました
Hey!Say!JUMP カウコン2016-2017 DEAR セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめはこちら

スポンサーリンク

ジャニーズカウントダウンライブ 2016/12/31 東京ドーム セットリスト(曲順)

01.one chance / ジャニーズWEST
02.パリピポアンセム / ジャニーズWEST
03.ホルモン / ジャニーズWEST
04.Take a “5” Train / A.B.C-Z
05.Fly a Flag / A.B.C-Z
06.Finally Over / A.B.C-Z
07.Now and Forever / 屋良朝幸
08.Feeling Me Softly / 中山優馬
09.YOLO moment / 中山優馬, 屋良朝幸
10.勝利の日まで / Sexy Zone
11.BAD BOYS / Sexy Zone
12.King & Queen & Joker / Sexy Zone
13.Celebration! / Sexy Zone
14.愛! wanna be with you… / TOKIO
15.フルスイング / NEWS
16.ウィークエンダー / Hey! Say! JUMP
17.マイガール / 嵐
18.Za ABC~5stars~ / A.B.C-Z
19.夢物語 / タッキー & 翼
20.抱いてセニョリータ / 山下智久
21.Sexy Zone / Sexy Zone
22.ええじゃないか / ジャニーズWEST
23.NOROSHI / 関ジャニ∞
24.Thank youじゃん! / Kis-My-Ft2
25.愛のかたまり / KinKi Kids
26.Beautiful World / V6
27.LOVE YOU ONLY
28.勇気100%
29.Darling
30.オリジナル スマイル
31.A・RA・SHI
32.TIME ZONE
33.仮面舞踏会
34.アンダルシアに憧れて
35.Everybody Go / 関ジャニ∞
36.Cha-Cha-Cha チャンピオン / NEWS
37.Moonlight walker / Sexy Zone
38.× ~ダメ~ / ジャニーズWEST
39.うわさのキッス / タッキー & 翼
40.ズンドコパラダイス / TOKIO
41.MADE IN JAPAN / A.B.C-Z
42.前向きスクリーム! / V6
43.チャンカパーナ / Kis-My-Ft2
44.Ultra Music Power / Hey! Say! JUMP
45.Come On A My House / Hey! Say! JUMP
46.Give Me Love / Hey! Say! JUMP
47.宙船(そらふね) / TOKIO
48.関風ファイティング / 関ジャニ∞
49.weeeek / NEWS
50.永遠のBLOODS / KinKi Kids
51.アイノビート / Kis-My-Ft2
52.Venus / タッキー & 翼
53.TAKE ME HIGHER / V6
54.ワイルド アット ハート / 嵐
55.花唄 / TOKIO

【関連記事】
【ライブレポ】Hey!Say!JUMP DEAR カウコン 2016/12/31 東京ドームに行ってきました
Hey!Say!JUMP カウコン2016-2017 DEAR 東京ドーム セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ
チケットの取り方のコツとは?一般販売の電話が繋がる裏テク暴露!

>>【期間限定】4000万曲以上を無料で聴き放題できる方法はこちら<<

スポンサーリンク
このレポが気に入ったら「いいね」ボタンをお願いします!
LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

【イチオシ】音楽聞き放題

更新状況をチェック

【アンケート実施中】

【人気投票】2017年上半期部門、最も心に残ったベストソングは?

  • 選択肢を追加

※1人3票まで、投票したい曲目がない場合は自由に追加してください。

ページ上部へ戻る