ピコ太郎×Silent Siren×LiSA 日本武道館ライブ!チケットは高倍率なのか?

LINEで送る
Pocket

「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の大ヒットをきっかけに、2016年最もブレイクしたシンガーソングライター・ピコ太郎。

ギネス記録・紅白歌合戦出場など、数々の賞やイベントにも引っ張りだこ状態でした。

そんなピコ太郎が、ついにライブそれも日本武道館で開催することを自身のツイッターで発表し話題になっています。

いったいどんなライブになるのか?ライブやチケットなどについてもリポートしていきます。

スポンサーリンク

ピコ太郎 日本武道館ライブ 2017 日程

2016年といえば、オリエンタルラジオのパーフェクトヒューマンが大ヒットしました。
しかし、それを一気にかき消してしまうほどの勢いで現れたのが、ピコ太郎の不思議ソングPPAPでした。

米ビルボード・ソング・チャートでは初登場77位を獲得し、日本人としては松田聖子の「ザ・ライト・コンビネイション」以来26年ぶりのことなのです。

ジャスティン・ビーバーがSNSで紹介したことがきっかけとはいえ、凄まじい勢いに本人が一番ビックリしているかもしれません。

そんなピコ太郎がついに!ライブ「ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館」行うことを発表しました。
日程は以下の通りです。

2017年1月18日(月) 日本武道館
【ライブレポ】ピコ太郎 武道館ライブ2017「PPAPPT」セトリ・ライブレポはこちら

ソフトバンク「ワイモバイル」の新商品発表会「Y!mobile 2017 Spring」に出演したピコ太郎は、日本武道館のライブについて以下のようにコメントしています。

「無謀かなと思ったんですけど、やることに意義があると思っています
 予定では10分弱と考えています。
 いろいろ考えてたっぷりやろうと思います」

日本武道館といえば、ミュージシャンがここでライブをすることを目標にする憧れの舞台であり聖地です。
何年も頑張ってやっと立てる舞台、頑張っても立てない人達が大半だと思います。

「正直何が良いのかわからない・・・」

そんな感想も多く聞かれますが、なかなか立てない舞台に立てるチャンスは今しかないかもしれません、

ご存知の通り、彼の曲は1分前後と曲としては短いものが大半。
曲数もアルバムを1枚リリースしただけです。

そもそもライブが成立するのでしょうか?

ツイッターの反応

圧倒的に驚きの声や「間がもたないw」といった声が多いですね。

ピコ太郎は、PPAP1曲しかないと思っている人が結構いましたが、実は20曲入り(+カラオケ・ボーナストラック有り)のファーストアルバムを発売しているんですね。

【収録曲】
1. ピコアタック
2. PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)
3. ロミータ・ハシミコフ
4. ネオ・サングラス
5. KASHITE KUDASAIYO
6. べったら漬けが大好き
7. ☆スイーツまとめて星になれ☆!
8. ねぇ…
9. PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン) (「ロング」バージョン)
10. 二文字目ミステイク
11. ピコウォーク
12. PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン) (KOSAKA DAIMAOU REMIX)
13. 今いる場所、それはここ
14. 変わりゆく女
15. PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン) (KOSAKA DAIMAOU REMIX ver2)
16. ヒヨコ選別
17. 最終手段
18. YOME
19. カナブンブーンデモエビインビン
20. ピコ太郎のテーマ
21. PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン) (オリジナル・カラオケ)
22. ネオ・サングラス (オリジナル・カラオケ)
23. ☆スイーツまとめて星になれ☆! (オリジナル・カラオケ)
24. PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン) (「ロング」バージョン) (オリジナル・カラオケ)
25. KASHITE KUDASAIYO (オリジナル・カラオケ)
26. ピコ太郎「自宅でワンマンで」ライブ音源 (ボーナストラック)

ピコ太郎のアルバムは初週で21000枚を売り上げ、オリコン初登場3位を獲得しています。
お笑い芸人プロデュースのCDでは、1999年発売の野猿の「STAFF ROLL」が3位を獲得して以来、実に17年9ヵ月ぶりとのこと。

ライブでは上記の曲をやるでしょうから、少なくとも30分ぐらいは持つのではないでしょうか?

あとはゲストがどういった形での出番になるのかが気になるところです。

スポンサーリンク

ゲスト出演にSilent Siren、LiSAら

ピコ太郎の日本武道館のライブには、ゲストとして、SILENT SIREN、LiSAの2組、さらには、特別出演としてくりぃむしちゅーの上田晋也が決定しています。

中にはサイサイとLiSAが目当てという人もいました。
※サイサイ=Silent Siren(サイレント・サイレン)

ゲスト出演される2組について紹介します!

SILENT SIREN

【メンバー】
・ボーカル・ギター
吉田菫(よしだ すみれ)

・ベース
山内あいな(やまうち あいな)

・シンセサイザー・キーボード
黒坂優香子(くろさか ゆかこ)

・ドラムス
梅村妃奈子(うめむら ひなこ)

2010年夏にバンドを結成し、2012年にミニアルバム「サイサイ」をリリース。
これまで多くの学園際や音楽フェスに参加しています。

「八月の夜」は2017年1月時点で再生回数400万回を超えており、他のMVも数百万回再生されている人気グループです。

LiSA

本名:織部里沙(おりべりさ)

2011年4月20日にミニアルバム「Letters to U」でソロデビュー。

2014年1月3日、2015年1月10、11日に日本武道館でワンマンライブを開催しています。

2016年11月26日、27日は、横浜アリーナで「LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~」を開催し、約25,000人を動員。

LiSAは、日本武道館でワンマンライブを行った実績があり、横浜アリーナでは25000人も動員するほどの人気歌手です。

以上の2組が参加されるのは、なかなか豪華なので「ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館」のチケット倍率も気になるところではないでしょうか?

2017年1月7日には、新曲「I LIKE OJ」も公開したピコ太郎の初の日本武道館ライブが、どんなものになるか非常に気になるところですね。

ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館 ライブチケットの発売は?

さて、ピコ太郎のチケット発売情報については次の通りです。

【価格(税込)】
・指定席:¥5,940
・ファミリー席(着席指定席):¥5,940
※3歳以上有料/枚数制限4枚

【チケット発売】
・Yahoo!チケット先行販売
受付期間:1月19日(木)0:00 ~ 1月25日(水)23:59

・一般発売

各プレイガイドよりチケット発売情報を確認しておきましょう!
チケットぴあはこちら
楽天チケットはこちら
ローチケHMVはこちら
イープラスはこちら

ライブチケットの取り方のコツを徹底解説!
チケットキャンプでリクエストする方はこちら

ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館 ライブチケットの倍率を予想!

ピコ太郎の日本武道館ライブのチケットは、どれほどの倍率になるのか?
一応計算してみたいと思います。

まず日本武道館の総座席数は最大14,471席という規模です。

そして、アルバム「PPAP」は21000枚以上を売り上げています。

平日の日本武道館なので、関東地方に住む人のみがエントリーすると仮定して倍率を計算してみます。

日本の人口のうち、関東地方の人口は33%を占めていると言われています。

よって以下のようになります。

エントリー数:21000×33%=6930人
会場規模:14471席

日本武道館14471席に対して、6930人がエントリーした場合、当選倍率は0.48倍ほどと予想できます!

ただ、これは1人1枚を申し込んだ場合なので、複数枚申し込む人がどれだけいるかで倍率は上がることになります。
もし1人4枚申し込んだ場合は、最高1.92倍にまでなります。

1人2枚までは余裕で取れる計算ですが、SILENT SIRENやLiSA目的でチケットを申し込む人が、どれだけいるかで倍率があがるでしょう。
しかし、この2組は歌のパフォーマンスはないとのこと・・・

色々な意味で読めないピコ太郎の日本武道館ライブ、どんな姿を魅せてくれるのでしょうか?

【ランキング】LiSAの人気曲ランキング!ファン厳選のおすすめベスト10はコレだ!
【ランキング】LiSAの人気アルバムランキング!ファン厳選おすすめベスト5!
ピコ太郎 武道館ライブ2017「PPAPPT」セトリ・レポはこちら

【発売情報】


【ライブレポ】ピコ太郎 武道館ライブ2017「PPAPPT」セトリ・ライブレポはこちら
チケットの取り方のコツとは?一般販売の電話が繋がる裏テク暴露!
人気コンサートや演劇などを生で体験するのは、やはりテレビで見るのとは臨場感や感動ともに一味違います。あまりテレビで見ることのできない人のパフォーマンスであれば尚更、チケットを入手した時の喜び、公演...

プレミアムチケットも定価以下でゲットできる裏ワザはこちら!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

スポンサーリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら
ページ上部へ戻る