セカオワ ライブ2017「タルカス」 日程とチケット当選倍率を予想してみた結果

LINEで送る
Pocket

最新アルバム「Tree」がオリコン初登場1位を記録し、同アルバムツアー「The Dinner」は全国11箇所25公演、25万人を動員するなど、勢いが加速するSEKAI NO OWARI。

「The Dinner」の最終日には、2017年にドーム&スタジアムツアーという大規模ライブを開催することを発表!

気になるツアー日程やライブチケットと気になる当選倍率についてリポートしていきます。

スポンサーリンク

セカオワ2017年のライブが開催決定!

2016年のセカオワは、動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」の支援シングル「Hey Ho」をリリース。

セカオワの世界観を確立した彼ららしい活動であり、これからも多くのファンが応援し続けていくことでしょう。

2016年に行われた全国ツアー「The Dinner」が大成功に終わり、続いて発表されたライブは、ドーム・スタジアムツアー2017ということで、大規模なライブになることがわかりました。

関連記事⇒【ライブレポ】セカオワ「タルカス」さいたまスーパーアリーナに行ってきました
関連記事⇒セカオワ ライブ2017「タルカス」セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ

セカオワドーム・スタジアムツアー2017 「タルカス」 日程

そんなSEKAI NO OWARIの気になるドーム・スタジアムツアー2017 「タルカス」のライブスケジュールはこちら!

2017年1月22日(日) さいたまスーパーアリーナ
2017年1月23日(月) さいたまスーパーアリーナ
2017年2月04日(土) ナゴヤドーム
2017年2月11日(土) 京セラドーム大阪
2017年2月12日(日) 京セラドーム大阪

2017年1月22日(日)さいたまスーパーアリーナを皮切りにセカオワ初のドーム公演を含め、3会場5公演を行います。

公式サイトはこちら

セカオワドーム・スタジアムツアー2017 「タルカス」 ライブチケットの発売は?

【価格(税込)】
・全席指定:8,100円
・親子席 :8,100円
※3歳以上の場合チケット必要。

【チケット発売】

・一般発売
チケットぴあはこちら
ローチケHMVはこちら
イープラスはこちら
楽天チケットはこちら

・チケットリクエスト
チケットキャンプの申込はこちら

スポンサーリンク

ツアータイトル「タルカス」の意味とは?

セカオワのドーム・スタジアムツアー2017のツアータイトルは「Tarkus」(タルカス」です。

一体このタルカスという言葉にはどんな意味が込められているのでしょうか?

セカオワメンバーのsaoriが自身のツイッターで突如発言した「タルカス」

フォロワーはこの言葉にどんな意味があるのか気になるところでしょう。

この「タルカス」という言葉を調べてみたところ、エマーソン・レイク&パーマー(ELP)のアルバムに1971年に発売された「Tarkus」という作品の存在が出てきました。

戦車のキャタピラにアルマジロのような動物が乗っかっている不思議な生物(?)がジャケットに描かれています。

wikipediaによると、「想像上の怪物・タルカスが火山の中から現れ、地上のすべてを破壊し尽くし、海に帰っていくというストーリー」とのこと。

実在するものではなく、神話のように想像上の怪物のことを「タルカス」と名前を付けたようですね。

さらに、アルバム「Tarkus」のライナーノーツによると
「帰宅途中に突然閃いた単語であり、特に意味は無く、辞書を調べても分からなかった」

と記述されており、「タルカス」と名付けたキース・エマーソンが直感で作り上げた言葉だということがわかります。

ちなみにアルバム「タルカス」は20分以上に及ぶ大作になっていて、音楽を通して一つの物語をイメージできる曲になっています。

セカオワのツアータイトルの「タルカス」が、ここから来ているかは不明ですが、バンド名や彼らの持つ世界観から何か通じるものを感じとれます。

どんなドーム・スタジアムツアー2017になるのか、色々な意味で期待したいところですね!

セカオワドーム・スタジアムツアー2017 「タルカス」 ライブチケットの倍率を予想!

セカオワのライブチケットは、人気が上がってきてるだけに当選倍率が気になるところです。

果たして今回はどれほどの倍率になるのか?

まず、会場の総座席数はどれぐらいなのか数えてみました。

日付 会場 座席数(キャパ)
2017年1月22日(日) さいたまスーパーアリーナ 37000
2017年1月23日(月) さいたまスーパーアリーナ 37000
2017年2月04日(土) ナゴヤドーム 40500
2017年2月11日(土) 京セラドーム大阪 36477
2017年2月12日(日) 京セラドーム大阪 36477
合計 187454

ということで、総座席数は187,454席という規模です。この座席を巡ってチケット争奪戦が繰り広げられます。

今回は、前ツアー「The Dinner」で動員した25万人を参考に、チケット倍率を計算してみたいと思います。

まず、25万人が1人2枚づつチケットを申し込むとすると、50万エントリーになります。
ドームスタジアムツアー「タルカス」の会場規模は187,454人になるので、当選倍率は2.66倍ほどと予想してみました!

あなたの倍率予想はどうでしたか?
エントリーしたセカオワのチケットが当選することを願っています。

関連記事⇒【ライブレポ】セカオワ「タルカス」さいたまスーパーアリーナに行ってきました

【関連記事】
セカオワ ライブ2017「タルカス」セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ
メンバーのSaoriと、リーダーのNakajinが揃って婚約を発表したばかりのSEKAI NO OWARI。祝福ムードが漂う中、2017年1月22日のさいたまスーパーアリーナを皮切りに、SEKAI NO OWARIドーム・スタジアムツアー2017 ...

セカオワライブ THE dinner 2016/3/26幕張のセトリと感想ライブレポート(幕張メッセ 国際展示場ホール)
今若い世代の間で最も支持されているSEKAI NO OWARIの全国ツアー2016「THE DINNER」が幕張メッセで開催されました。音楽はもちろん、歌詞やファッション、ライブ演出に至るまで何かと話題になる彼らですが、今回...

チケットの取り方のコツとは?一般販売の電話が繋がる裏テク暴露!
人気コンサートや演劇などを生で体験するのは、やはりテレビで見るのとは臨場感や感動ともに一味違います。あまりテレビで見ることのできない人のパフォーマンスであれば尚更、チケットを入手した時の喜び、公演...

プレミアムチケットも定価以下でゲットできる裏ワザはこちら!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

編集部新時代レポ

この著者の最新の記事

関連記事

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る