関ジャニ∞ 冬コンライブ レポ&セトリ 2016/12/18 東京ドーム4日目に行ってきた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関ジャニ∞の5大ドームツアー「関ジャニ’s エイターテインメント」本日は東京ドーム4daysの4日目!

いつもライブではMCで笑いの絶えない関ジャニですが、反響の大きいアコースティックコーナーでは涙を流す観客も。

そんないろんな魅力を持つ関ジャニ∞の東京ドーム4日目は、いったいどんなライブになったのでしょうか?
※このページはネタバレを含みます。

スポンサーリンク

関ジャニ’s エイターテインメント 2016/12/18 東京ドーム ライブレポ

kanjyani20161216-0

タイトル:関ジャニ’s エイターテインメント
開催日 :2016/12/18(日)
会場  :東京ドーム
※セットリストは記事の最後に記載しています。

関連記事⇒【ライブレポ】関ジャニ∞ 2016/12/16 東京ドーム2日目に行ってきました
関連記事⇒【ライブレポ】関ジャニ∞ 2016/12/17 東京ドーム3日目に行ってきました
関連記事⇒【ライブレポ】関ジャニ∞ 2017/1/15 京セラドーム大阪4日目に行ってきました

東京最終日となった4日目のライブレポをMCなどを中心にお伝えします。

最初の挨拶

安田君から順番に一人ずつ挨拶をし、どんどんお客さんのテンションを上げていきます。

5番目に順番が回ってきた丸山君「みんなでカエルの歌を歌ってください」といい、丸山君と会場でカエルの歌を合唱することに。

なんとも言えない不思議な時間が流れた後、「東京ドームでこんなことに付き合ってくれる皆さんが大好きです!」と満面の笑みではけていきました。

それをずっと横で見ていた横山君は「…なんか、変な気持ちになったわ(笑)」と。

「末っ子気質でいつもメンバーやファンの皆さんに甘やかされてる」と自己紹介した丸山君ですが、こんな突飛なことをドームでやりだす彼を優しく見守る横山君を見て、本当あったかいなーと思いました(笑)。

挨拶のラストは村上君。
彼はいつも来ているファンごとにC&Rしていきます。
「まずは家族エイター、声出てるかー?」
「おー!」とレスポンス。

次は男エイター。
会場中から大きい歓声が聞こえ、本当に年々男エイターが増えているのがわかります。

その後女性エイター、スタンド席、アリーナ席、キッズダンサーと続き、最後は全員で。

こめかみに指を当て
「今日はみんなでバカになろうぜー!」
「おー!」
と会場がひとつになります。

私はこの「バカになろう」という言葉のチョイスが大好きです。
思い切り楽しもうぜという気持ちが表れていて、テンションが一気に上がります!

キッズダンサーとの共演

2年前の「オモイダマ」で学生ブラスバンドとの共演以降、一般の方と共演することが増えました。

今回は「パノラマ」と「T.W.L」の2曲で、一般の子供達とステージに立ちました。

キッズダンサーが本当に可愛いです。
小学生(くらいだと思います)が、6万人の前に立つのは本当に緊張すると思います。

しかも今回はステージが四方に伸びており移動距離が長いので、小さな体を目一杯広げて一生懸命踊っている姿を見てると、アラフォーの私はウルウルきてしまいます(笑)。

メンバーもちょっかいを出したりハイタッチしたり抱きかかえたりと、積極的にキッズダンサー達に絡んでいきます。

走って集合するキッズダンサー達に「コケんなよー!コケんなよー!」と投げかける渋谷君。
あまりに言うので「え?それ振り??」と安田君。

結果誰もコケずに集合完了したのを見て「コケへんのかーい!」と渋谷君(笑)。

キッズダンサーとワチャワチャするメンバーは、みんな本当に優しい笑顔でした。

MCコレクション

①多彩な共演者に感謝
昨日はマツコさんと林家ペー&パー子さんも観覧されたようで「よう目立ってたな」と村上君。

マツコさんはライブ後の打ち上げでめちゃくちゃ喋ってたそうで、村上君は「きっと楽しかったんやと思うわ」と言っていました。

以前マツコさんは「キラキラした姿を見たら色々言いづらくなるから、ジャニーズさんのライブは見ない」とテレビで言っていたので、観覧されたという事実に驚きました。
なので楽しそうだったマツコさんの姿を見て、メンバーも嬉しかったんだろうなと思います。

マツコさんの感想をぜひ「月曜から夜更かし」でお聞きしたいですね!

また、「本当に関ジャムとか色んな番組で色んな方とご一緒させていただいたり、たくさんの番組に出させていただいて」と大倉君。

村上君の「まさか久保田(利伸)さんに曲を書いていただけるなんてね。TAKATSU-KINGが一人歩きしてるわ」
大倉君「一人でTV誌の表紙とかやってたやろ!俺コンビニで見てびっくりしたもん!なんかウインクとかしてめっちゃカッコよく撮ってもらってたやん!」

ソロ曲から誕生したTAKATSU-KINGですが、まさか一人で表紙を飾るところまで来るとは(笑)。
今後の活躍にも期待ですね。

スポンサーリンク

②大阪のおっちゃん登場

今年はどうだったかとの話になり、それぞれ個人でやった仕事を振り返りました。

錦戸君は「僕?僕は、基本的にあんま仕事してなかった(笑)。トットテレビに出て、あとは映画撮ってって感じで」

満島ひかりさんが黒柳徹子さん役をやったドラマ「トットテレビ」で坂本九さん役を演じた錦戸君。

そのご縁か、黒柳徹子さんと坂本九さんの奥様と一緒にごはんを食べに行ったそうです。

「蕎麦屋でめっちゃ食わされた。ランチだけど必死に食べたら”あれも食べなさい””これも食べなさい”と、どんどん食わされた。」
「たぶん俺がいっぱい食べてるのが面白かったんやろうな(笑)」
と楽しそうに話す錦戸君。
これにはメンバーもほっこり。

それぞれのメンバーの全ての話に「忙しいなー!忙しいやろ?忙しいなー!」といちいち合いの手を入れる渋谷君。

「僕は食事に気をつけてスーパーで食材買ったり」と仕事じゃなくプライベートをぶっこんでくる大倉君に対しても、「ほらな!忙しいやろ?色々考えながら買わんといかんからな!いやー忙しいなー!」と反応。

あまりに「忙しいなー!」ばかりを連発する渋谷君を見て、「大阪のおっちゃんがおるわ(笑)」と大爆笑の村上君。

その後大阪のおっちゃんは他人の忙しさに共感するあまり自分のことを忘れ、舞台からはける場所を間違えてました(笑)。

アコースティックバージョン

「これも初披露ですね」との言葉から始まったのは「ローリング・コースター」でした!
会場中一斉に歓声が上がりました。

本当に好きな曲でずっと生で聴きたいと思っていたので、始まった瞬間涙が出ました(涙)。
私の周りでも嬉しくて泣いてるファンがいました。

途中大倉君が自分のソングパートをミスし、終わった後錦戸君に指摘され「ごめんごめん!」と謝りながら歌い直す大倉君。

メンバー「今練習すんなよ(笑)」「じゃ、もう1回やる?」との流れからまさかのリベンジすることに。
お客さんは大歓喜!

リベンジは成功。
そのまま安田君が続きを歌い始めたので「あ、1曲丸々リベンジするんだ」って思ったら、メンバーは既に演奏を止めており、続けたのは安田君だけ。

それを受けて「あれ??やらんのかーい!」と安田君(笑)。
これにはメンバーも会場も大爆笑でした。

ツアー開始から本日で5回目のアコースティックコーナーですが、全て異なる曲を演奏しています。

東京の次の会場は名古屋でちょうどクリスマスシーズンなので、クリスマスの曲を披露してくれるかもしれませんね♪

ライブを終えて

大倉君からの最後の挨拶で「5大ドームでツアーをやって、テレビに出て、どんどん関ジャニ∞を知ってくれている人が増えてきたけど、”関ジャニってバンドやってたんだね”とか”エイトなのに7人なんだね”とか、まだ言われたりもして。まだまだ頑張らないとって悔しさを感じることもあります。」と言いました。

これ、すごくわかります。
私もファンになった時、やっぱり”エイトなのに7人?”と思いましたし、ファンではない友達に”演奏とかやるんだね”と言われることが多いです。

ジャニーズだけでもたくさんのグループがいる中、自分達がやっていることをみんなに知ってもらうのは、なかなか難しいことです。

でも、近年音楽番組やバラエティをやらせてもらったことで、普段ジャニーズ自体に興味がなかった層にも少しずつ興味を持ってもらえてると思います。

全く知らなかったら疑問も浮かばないはずです。

最初の挨拶で「1分1秒1曲1曲を大事にやっていきたいと思います」と言っていた大倉君。

きっかけは何であれ、少しずつ自分達に興味を持ってもらい、ライブに足を運んでもらってお客さんに楽しんでもらいたい。
本当にその気持ちが伝わってきます。

たくさんの番組とたくさんの共演者に囲まれ、本当に貴重な経験を体感している関ジャニ∞。
それを活かしてこれからもたくさん楽しませて欲しいです!

関連記事⇒【ライブレポ】関ジャニ∞ 2016/12/16 東京ドーム2日目に行ってきました
関連記事⇒【ライブレポ】関ジャニ∞ 2016/12/17 東京ドーム3日目に行ってきました
関連記事⇒【ライブレポ】関ジャニ∞ 2017/1/15 京セラドーム大阪4日目に行ってきました

スポンサーリンク

セットリスト(曲順)

1.NOROSHI
2.ブリュレ
3.RAGE
4.浮世踊リビト
~挨拶
5.パノラマ
6.T.W.L
~エイトレンジャーコント
7.王様クリニック(TAKATSU-KING)
8.The Light(丸山&安田)
9.罪と夏
10.がむしゃら行進曲
11.イッツ マイ ソウル
12.なぐりガキBEAT

~MC
13.ローリング・コースター(アコースティックバージョン)
14.言ったじゃないか(スカバージョン)
15.ハダカ(横山&渋谷)
16.Steal your love(錦戸&大倉)
17.Black of night
18.キング オブ 男!
19.前向きスクリーム!
20.LOVE YOU ONLY
21.Tokyo holic
22.象
23.NOROSHI

[アンコール]
24.ズッコケ男道
25.急☆上☆Show!!
26.無責任ヒーロー
27.オモイダマ

※赤文字は入れ替え曲
【関連記事】
関ジャニ∞ 冬コンライブ レポ&セトリ 2016/12/17 東京ドーム3日目に行ってきた感想
関ジャニ∞の5大ドームツアー「関ジャニ’s エイターテインメント」本日は東京ドーム4daysの3日目!毎回変更されるアコースティックバージョンがファンとしては楽しみな今ツアー。3日目となる東京ドームは、いった...

関ジャニ'sエイターテインメント関ジャニ∞冬コンライブ2016-2017 セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ
関ジャニ∞の5大ドームツアー「関ジャニ’s エイターテインメント」が札幌を皮切りにスタートしました。初日の札幌ドームは、雪の影響でコンサートに行けなかった人が現れるという波乱の幕開け。一方で同日に行われ...

関ジャニ∞ライブ 冬コン2016-2017 チケットは?ステージやセトリ予想も!
毎年冬の恒例となった関ジャニ∞の5大ドームツアー。今回のツアータイトルは「関ジャニ’s エイターテインメント」。エンターテインメント=人を楽しませることなので、歌やダンスだけでなく、たくさんの魅力を見...

関ジャニ∞ライブ参加の楽しみ方のポイント関ジャニ∞ライブの楽しみ方!やってはいけない服装やマナーとは?
音楽番組だけにとどまらず、ドラマやバラエティでも目にすることが多くなっている関ジャニ∞。歌ありダンスありコントありのお祭り騒ぎなライブで、年々男性ファンも増えています。そんな「ジャニーズらしからぬジ...

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代リポートブログの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:私の個人的な意見、見解、感想など

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集長 プロフィール


編集長:シニック

子供の頃からのテレビっ子
ネットが登場してからは、テレビだけでは分からなかった裏側の世界に興味を持つようになる。

【好きなジャンル】
芸能、野球、音楽、ドラマ

【尊敬する人】
堀江貴文

【好きな芸術家】
桜井和寿、東野圭吾

【好きな猫】
ノルウェージャンフォレストキャット、 メインクーン、 サイベリアン、 マンチカン
ページ上部へ戻る