back number(バックナンバー) ライブ2017のチケット当選倍率を計算してみた結果

LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

クリスマスソングのロングヒットをきっかけに、多くのファンを獲得したロックバンド「back number」。

ベストアルバムの発売を控え、2017年2月よりファン待望の全国ツアーの開催を発表しました。

では早速、ツアースケジュールやチケットと気になる倍率についてリポートしていきます。

スポンサーリンク

back number2017年のライブが開催決定!

back number All Our Yesterdays Tour 2017

関連記事⇒back number ライブ「All Our Yesterdays 2017」セトリ・ライブレポはこちら

2016年のback numberは、映画「オオカミ少女と黒王子」主題歌にもなったシングル「僕の名前を」を発表しました。

さらに、大ヒット曲「クリスマンスソング」収録のアルバム「シャンデリア」が第58回日本レコード大賞・優秀アルバム賞を受賞するなど、アーティストとして充実した一年になったと思います。

そして最新曲「ハッピーエンド」も好調な中、2016年11月28日にはback number初のベストアルバム「アンコール」のリリースを発表!

2017年には、このベストアルバムを引っさげての全国アリーナツアーが開催されることになりました。

ベストアルバムは、なんと2枚組32曲というボリューム。さらに初回版が2パターン用意されており、それぞれに特典DVD or Blu-rayが付属されます。

これは、最近ファンになった人からすると、気になっていた過去の曲を聞くのにいいタイミングではないでしょうか?

早速初回版の特典を比較してみると

【初回版A】
・DVD×2 or Blu-ray
 2016.6.19 MIRRORBALL and CHANDELIER 幕張メッセ + 同ツアーのメイキング映像
・ライブフォトブック
・三方背BOX仕様

【初回版B】
・DVD or Blu-ray
 music video clip全22曲 + bonus video track
・三方背BOX仕様

このように2パターンは、収録される映像が異なっているようです。
初回版Aはライブ映像、初回版Bビデオクリップ
ということで、どちらを購入するかとても悩む所ですね。

【Disc.1】
01. 高嶺の花子さん
02. 花束
03. ハッピーエンド
04. クリスマスソング
05. はなびら
06. 黒い猫の歌
07. fish
08. 君がドアを閉めた後
09. 青い春
10. 光の街
11. stay with me
12. MOTTO
13. 恋
14. 世田谷ラブストーリー
15. 半透明人間
16. 日曜日
【Disc.2】
01. 春を歌にして
02. 僕の名前を
03. SISTER
04. 助演女優症
05. 繋いだ手から
06. エンディング
07. そのドレスちょっと待った
08. わたがし
09. 電車の窓から
10. ヒロイン 
11. 幸せ
12. アップルパイ
13. 003
14. 手紙
15. 思い出せなくなるその日まで
16. スーパースターになったら

【amazonで予約】back number ベストアルバム「アンコール」
【楽天で予約】back number ベストアルバム「アンコール」

スポンサーリンク

back number All Our Yesterdays Tour 2017 日程

そんなback numberの気になるツアー「All Our Yesterdays Tour 2017」のライブスケジュールはこちら!

2017年2月25日(土)千葉県 幕張イベントホール
2017年2月26日(日)千葉県 幕張イベントホール
2017年3月03日(金)大阪府 大阪城ホール
2017年3月04日(土)大阪府 大阪城ホール
2017年3月11日(土)福井県 サンドーム福井
2017年3月12日(日)福井県 サンドーム福井
2017年3月18日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年3月19日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年4月01日(土)愛媛県 愛媛県武道館
2017年4月02日(日)愛媛県 愛媛県武道館
2017年4月08日(土)神奈川県 横浜アリーナ
2017年4月09日(日)神奈川県 横浜アリーナ
2017年4月15日(土)兵庫県 神戸ワールド記念ホール
2017年4月16日(日)兵庫県 神戸ワールド記念ホール
2017年4月22日(土)福岡県 マリンメッセ福岡
2017年4月23日(日)福岡県 マリンメッセ福岡
2017年4月29日(土)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2017年4月30日(日)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2017年5月05日(金)静岡県 エコパアリーナ
2017年5月06日(土)静岡県 エコパアリーナ
2017年5月12日(金)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
2017年5月13日(土)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
2017年5月17日(水)愛知県 日本ガイシホール
2017年5月18日(木)愛知県 日本ガイシホール
2017年5月27日(土)広島県 広島グリーンアリーナ
2017年5月28日(日)広島県 広島グリーンアリーナ
2017年6月03日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2017年6月04日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2017年6月10日(土)沖縄県 沖縄コンベンションセンター
2017年6月11日(日)沖縄県 沖縄コンベンションセンター

2月25日(土)千葉を皮切りに、15会場30公演を行います。

さいたまスーパーアリーナを含む今回のアリーナツアーは、back number史上最大規模になるとのこと。

関連記事⇒【ネタバレ】back number ライブ「All Our Yesterdays 2017」セトリ・ライブレポはこちら

back number All Our Yesterdays Tour 2017 ライブチケットは?

back number All Our Yesterdays Tour 2017 ライブチケット

【価格(税込)】
・指定席:6,800円
※3歳以上有料

【チケット発売】

・シングル「ハッピーエンド」封入先行

・ぴあプレリザーブ先行
受付期間:2016年12月6日(火)11:00~2016年12月12日(月)18:00

・一般発売

各プレイガイドよりチケット発売情報を確認しておきましょう!
チケットぴあはこちら
楽天チケットはこちら
ローチケHMVはこちら
イープラスはこちら

ライブチケットの取り方のコツを徹底解説!
チケットキャンプでリクエストする方はこちら

back number 公式サイト

back number All Our Yesterdays Tour 2017 ライブチケットの倍率は?

クリスマスソングの大ヒットで盛り上がる中でのback numberの全国ツアー、人気上昇中なだけにチケットは争奪戦が予想されます。

果たしてどれほどの倍率になるのでしょうか?

まず、チケット予約にエントリーするファンが何人いるのかですが、最新アルバム「シャンデリア」の売上は30万枚を超えています。

これは前作のアルバム「ラブストーリー」9.6万枚よりも約3倍の伸びを見せているほどです。

さらに、ツアー前には初のベストアルバムの発売を控えていることもあり、新たなファンを獲得するのは確実でしょう。

どのアーティストでもベストアルバムとなれば、オリジナルアルバムのセールスを超えるケースがほとんどです。
タイミングがよければ2.5倍の売上ることもありますので、back numberのベストアルバムも75万枚は売り上げる可能性があるのです。

今回は、アルバム「シャンデリア」を購入したうち8割にあたる24万人が、いずれかの会場にエントリーすると仮定して、チケット倍率を計算してみたいと思います。

まず、24万人が1人2枚づつチケットを申し込むとすると、48万エントリーになります。
「All Our Yesterdays Tour 2017」のツアー規模は323,560人になるので、当選倍率は1.48倍ほどと予想できます。

では、地域別に見るとどうなるのか?
まず、24万人がどの地域にエントリーするか、各都道府県の人口をもとに割合を出してみます。

地域 地域別人口(万) 割振り(%)
千葉県 614 7.38
大阪府 886 10.66
福井県 80 0.96
宮城県 230 2.77
愛媛県 144 1.73
神奈川県 907 10.92
兵庫県 557 6.7
福岡県 504 6.07
新潟県 236 2.84
静岡県 375 4.51
北海道 547 6.58
愛知県 726 8.74
広島県 284 3.42
埼玉県 715 8.61
東京 1362 16.39
沖縄県 142 1.71

※スマホユーザーは横向き推奨

続いて24万人が、以上の割合でそれぞれの地域にエントリーするとして、地域別のアルバム購入者の人数を算出します。
さらに今回は、1人2枚ずつエントリーすると仮定し予想エントリー数を出してみました!

地域 アルバム購入者 予想エントリー数
千葉県 17712 35424
大阪府 25584 51168
福井県 2304 4608
宮城県 6648 13296
愛媛県 4152 8304
神奈川県 26208 52416
兵庫県 16080 32160
福岡県 14568 29136
新潟県 6816 13632
静岡県 10824 21648
北海道 15792 31584
愛知県 20976 41952
広島県 8208 16416
埼玉県 20664 41328
東京 39336 78672
沖縄県 4104 8208

※スマホユーザーは横向き推奨

以上が予想エントリー数になりますが、神奈川の52416人、東京の78672人、埼玉の41328人は横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナのどちらかにエントリーするものと仮定します。

なので、この2つの会場のエントリー数を以下のように調整します。
横浜アリーナ      ⇒ 86208人
さいたまスーパーアリーナ⇒ 86208人

それでは、これらの予想エントリー数から会場のキャパを元に、back numberの会場別のチケット当選倍率を計算した結果はこちらです!

会場 座席数(キャパ) 予想エントリー数(人) 倍率
幕張イベントホール 18000 35424 1.96
大阪城ホール 32000 51168 1.6
サンドーム福井 20000 4608 0.23
宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ 14102 13296 0.94
愛媛県武道館 5864 8304 1.42
横浜アリーナ 34000 86208 2.54
神戸ワールド記念ホール 16000 32160 2.01
マリンメッセ福岡 30000 29136 0.97
朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 18000 13632 0.76
静岡エコパアリーナ 12616 21648 1.72
北海道立総合体育センター 北海きたえーる 16000 31584 1.97
日本ガイシホール 20000 41952 2.1
広島グリーンアリーナ 9500 16416 1.73
さいたまスーパーアリーナ 74000 86208 1.16
沖縄コンベンションセンター 3478 8208 2.36
合計 323560 479952 1.48

※スマホユーザーは横向き推奨

当選確率が一番高いのはサンドーム福井の0.23倍
逆に一番低いのは、横浜アリーナの2.54倍
という結果になりました。

サンドーム福井は、福井県の人口の少なさに比べ、会場のキャパが大きいことが理由となりました。

横浜アリーナは、ライブでは激戦区で有名です。
大規模会場のさいたまスーパーアリーナがあるとはいえ、ファンが急増するback numberの首都圏のチケットは取りづらくなるかもしれません。

関連記事⇒【ネタバレ】back number ライブ「All Our Yesterdays 2017」セトリ・ライブレポはこちら

新時代レポ調べ


【当選結果】66.7%≒当選倍率1.49倍

【当選結果を募集中!】
現在back numberのチケットの当落結果を募集しています。
いただいた集計結果は後日にサイトに掲載する予定です。ご協力のほどお願いいたします。
※正確な情報を集計するため、落選してしまった方も積極的に回答をお願いします。
今すぐアンケートに回答する
【back number】
ギター&ボーカル:清水 依与吏
ベース:小島 和也
ドラム:栗原 寿
2004年デビュー

【関連記事】
切ない名曲多数!back numberのおすすめ人気曲ランキングトップ10!
back numberの人気アルバムCDランキング!ファン厳選おすすめベスト5!
back numberらしさ全開の心に響く歌詞ランキング発表!
back numberのメンバー(脱退含む)の名前とプロフィールを一挙紹介!
back numberのアニメ・映画・ドラマ主題歌になった曲を一覧紹介!
【結婚式ソング】back numberの人気曲を結婚式や余興で使いたい!おすすめBGM・定番曲特集

プレミアムチケットも定価以下でゲットできる裏ワザはこちら!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

スポンサーリンク

【アンケート実施中】

【人気投票】2017年上半期にリリースされた曲で、最も心に残ったベストソングは?
  • 選択肢を追加
ページ上部へ戻る