スピッツ ライブレポ 2016/11/22 仙台 セトリ&感想(仙台サンプラザホール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1995年にリリースしたシングル「ロビンソン」がミリオンヒットを記録しブレイクしたスピッツ。

ボーカル草野正宗の優しい歌声と、独自の歌詞表現の評価が高く、癒し系ロックとも表現される人気バンドです。

2016年に3年ぶりとなる15thアルバム「醒めない」を引っさげてのライブツアーが行われました。
今回は、2016/11/22に仙台で開催されたライブレポをお届けします。

スポンサーリンク

スピッツ 仙台サンプラザホール 2016/11/22 ライブレポ

スピッツ JAMBOREE TOUR 2016 “醒めない”

タイトル:JAMBOREE TOUR 2016 “醒 め な い”
開催日 :2016年11月22日
会場  :仙台サンプラザホール

スピッツの「JAMBOREE TOUR 2016 “醒 め な い”」仙台サンプラザホールに私、27歳(女)が行ってきました!

まず、会場の仙台サンプラザホールには仙台駅から歩いて行きました。
駅から徒歩10分位。ターミナル駅から近いのは嬉しいです。

会場に着いたのは17時くらい。

他のライブ会場では即完売していたモニャモニャ(仮想動物)ぬいぐるみがまだ売っていました。
後から聞いた話によると、増産したみたいです。

17:45開場。3階席なので期待はしていませんでしたが、仙台サンプラザはとっても座席の斜面が急!そのため、ステージがとっても近く見えました!
そして18:30開演、スピッツの「SUGINAMI MELODY」が流れ始め、メンバーが登場!

1.みなと
最新シングル。絶好調のマサムネさんの歌声に初っ端からやられます。

2.恋する凡人
ノリノリなナンバー。会場のボルテージがいっきに上がる!

3.日曜日
25年前にリリースされたアルバムの中の1曲。
懐かしさと共に、新鮮さも感じる曲です。

4.運命の人
会場一体となって手拍子。サビではみんな熱唱していました!

5.コメット
最新アルバム「醒めない」からの一曲。ドラマの主題歌にもなっていました。切ない、力強いメロディに心が震えます!

6.空も飛べるはず
言わずと知れた名曲。懐かしいと思う人もいるかも知れないけど、20年前の曲とは思えないような、いつ聞いても名曲!

7.ビギナー
スピッツの応援歌。力強いメッセージが込められていて、会場一体聞き入っていました!
私も思わず涙…

8.アカネ
本人たちも存在を忘れていたという曲。ファンは全く忘れてませんけどね~!

9.グリーン
これも最新アルバムからの曲。前向きになれるような、明るいアップテンポなナンバーです。マサムネさんの声の伸びがステキ!

10.子グマ!子グマ!
「子グマ!子グマ!」の部分では会場全体がこぶしを高く突き上げてノリノリ!

11.放浪カモメはどこまでも
ライブの定番曲!会場全体も更にヒートアップ!

12.ヒビスクス
最新アルバムから。ファン人気が強い一曲。
「恐れるな、大丈夫もう恐れるな」という歌詞に色んな思いが駆け巡ります。

13.モニャモニャ
今回のアルバム「醒めない」のイメージキャラクター。
しっとりとしたナンバーに会場全体が癒されました。
「モニャモニャはなでると温かい~♪」そうです。

14.夢じゃない
懐かしい一曲。間奏のギターにしびれます!

15.楓
時期もぴったりで、「さよなら~」と響くマサムネさんの歌声に、会場が涙、涙です。

16.醒めない
今回のアルバムのタイトルにもなっている「醒めない」。元気がでる一曲で、お客さんもノリノリです。

17.けもの道
これまたライブの定番曲。会場のボルテージもアップ!ベースがかっこいいです。

18.トンガリ’95
会場の空気もできあがり、お客さんもピョンピョンはねまくり!

19.ハチの針
今回のツアーの後半からセットリストに入った一曲。赤と青の照明が印象的。
ファンの中にはこの曲が楽しみだったという人も多いはず!

20.8823
スピッツのライブと言えばコレ!盛り上がること間違いなしのナンバーです。
メンバーも舞台の上で暴れまくり!会場一体になって盛り上がりました!

21.こんにちは
「心に生えた足でどこまでも歩いて行けるんだと気が付いて」と前向きな歌詞と明るい曲調に励まされます。本編終了。

EN1.スパイダー
サビのところで会場が一体となって腕を振る様子は、圧巻でした!

MC
マサムネ「今日はとっても楽しい夜でした!歌うことしか出来ないような人間ですが、これからもみんなで支え合ってスピッツを盛り上げていきましょう!それではもうちょこっとだけ、スピッツの曲を聴いて行って下さい!」

EN2.ナサケモノ
最新アルバムからもう一曲。ポップなメロディでスピッツらしい楽しい曲。

EN3.野生のポルカ
ラストナンバーで少し寂しかったけれど、明るい曲なので楽しい気分で終われました!
「細道駆ける最高の野生種に~」でメンバー、観客共に大合唱!

20:45頃終演。会場から駅までの道も混むことなく、すんなりと仙台駅にたどり着けました。

スピッツのメンバーは来年50歳ですが、とにかく元気で演奏のクオリティも高く、満足なライブでした!初心者でも長年のファンでも楽しめるライブです。
またスピッツのライブに行きたい!

スポンサーリンク

セットリスト

1.みなと
2.恋する凡人
3.日曜日
4.運命の人
5.コメット
6.空も飛べるはず
7.ビギナー
8.アカネ
9.グリーン
10.子グマ!子グマ!
11.放浪カモメはどこまでも
12.ヒビスクス
13.モニャモニャ
14.夢じゃない
15.楓
16.醒めない
17.けもの道
18.トンガリ’95
19.ハチの針
20.8823
21.こんにちは
EN1.スパイダー
EN2.ナサケモノ
EN3.野生のポルカ
スピッツ ライブレポ 2016/9/2 東京NHKホール セトリ&感想
1996年にリリースしたシングル「チェリー」のロングヒットし、現在でもカラオケの定番曲として根強い人気のあるスピッツ。ボーカル草野正宗の優しい歌声と、独自の歌詞表現の評価が高く、癒し系ロックとも表現さ...

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代リポートブログの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:私の個人的な意見、見解、感想など

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

編集長 プロフィール


編集長:シニック

子供の頃からのテレビっ子
ネットが登場してからは、テレビだけでは分からなかった裏側の世界に興味を持つようになる。

【好きなジャンル】
芸能、野球、音楽、ドラマ

【尊敬する人】
堀江貴文

【好きな芸術家】
桜井和寿、東野圭吾

【好きな猫】
ノルウェージャンフォレストキャット、 メインクーン、 サイベリアン、 マンチカン
ページ上部へ戻る