Cocco ライブ「アダンバレエ」 2016/10/25大阪 セトリと感想レポ(オリックス劇場)

LINEで送る
Pocket


人気絶頂期に活動を休止を発表し、2006年から活動を再開したCocco。

活動休止中には絵本作家としても活動し、もともとはプロのバレリーナを目指していたという彼女のダンスなど、幅広い才能を魅せてくれます。
そんなCoccoのライブは、歌はもちろん、ダンスにも注目が集まります。

今回はそんな彼女の2016年のライブ「Live Tour 2016 “Adan Ballet”」の大阪公演のライブレポをお届けします。

スポンサードリンク

Cocco 「アダンバレエ」 大阪オリックス劇場 2016/10/25 感想レポ

Cocco Live Tour 2016 “Adan Ballet” 大阪オリックス劇場

タイトル:Cocco Live Tour 2016 “Adan Ballet”
開催日 :2016年10月25日(火)
会場  :大阪オリックス劇場
※セットリストは記事の最後に記載しています。

高校の時にCoccoの曲に衝撃を受けて、今でもCoccoをリスペクトしてやまない33歳、女性です。

現在アメリカ在住ですが、今回Coccoのライブが5年ぶりに行われるということで、もともと帰国の予定はあったものの、ライブに合わせて日程調整をしました。

会場~開演

当日は開演時間15分前に会場に着いたので、グッズ購入に出遅れました。
ツアーグッズを購入しようと、もうずぐ開演なのにも関わらず、まだまだ多くのファンが列を作り、中にはすでに売り切れのものもあったようです。

グッズとは別に、CoccoのCDも販売されており、CD購入者にはツアーのポスターが特典として付いてくるようでしたが、私はすでに全CDを持っていたので、ポスターは欲しかったけど、あきらめました。

チケットが取れたのは三階席のまだ上のほう。
でも、久しぶりにCoccoの生歌が聴けることに、胸の高鳴りを感じながら開演を待ちます。

Cocco登場

白と赤のドレスに身を包んだCocco
バンドメンバーがステージに現れ、「アダンバレエ」のアルバム1曲目の、「愛しい人」からスタート。

もちろんCDでは聴いていたものの、久しぶりの生の歌声に泣きそうになるのをこらえながら、Coccoの歌声を全身で受け止めようとしてました。

2曲目の「希望の光」からの、樹海の糸のイントロの入りがすごい気持ちよく感じました。
何年も前の曲ですが、古さなんか全く感じない、なんなら今の方が声の伸びもいいような。
古い曲を歌ってくれるのは、昔からのファンにとっては本当に嬉しいです。

「卯月の頃」
アダンバレエの曲が少し続いたあと、まさかのこの選曲。
卯月の頃が聴けるなんて思っても見ませんでした。

昔は強いエナジーを歌にぶつけるような印象だったのが、歌うのを楽しむような、
歌うことに愛おしさを感じるような、今のCoccoにピッタリの選曲だったのかなと感じました。

ダンサーCocco

「花も咲いたよな」の後、ビックスクリーンが現れ、なんとCoccoのダンスシーンが流れ始めました。

後ろの席で、歌ってる時はCoccoの表情がよくわからなかったので、スクリーンではCoccoの顔がよくわかって嬉しかったです。

ダンスと音楽とカメラワークがすばらしく、バレエというよりかはコンテンポラリーのようなダンスに美しすぎて圧倒されました。

歌手としてだけでなく、女優、作家、そしてダンサーとしても人を魅了できるなんて、どれだけ才能あるんだ?!と。

Coccoで1番好きだった曲

「このままライブが終わらなければいいのに」なんて身勝手な思いを抱きながら流れてきた「有終の美」。

イントロからきれい過ぎてそれだけで心がグンっとなりました。
本当に最後まで息も切れることなく、その細い身体でよくここまで歌えるな、と胸がいっぱいになりました。

アルバムの中で1番好きな曲でしたが、生歌を聴いてさらに好きになりました。
涙なしでは聴けません。

MC~メンバー紹介~ラスト

MCではバンドメンバーがお互いを紹介しあい、最後のCoccoの紹介はファンがすることに!

「芯が強くて、本当は大丈夫じゃないけど、大丈夫って言ってて、本当に素敵な女性です。」
Coccoも「一緒に飲んだことあった?」

いきなり振られて、よくまとめて発言できるなと感心でした。

他にも質問コーナーがあり、
ファン「今日何たべたー?」
Cocco「納豆たべたから、げっぷが納豆くさい」と。

他にもいろいろ食べたみたいで、食べられるようになって良かったなと安心しました。

このライブでは親子席が設けられており、子どもも質問していました。
「どうやったらバレエがうまくなりますか」と。
Coccoの回答が長めになったとこでCoccoの「もう聞いてないな」の一言に会場が笑いとほっこり。

Coccoはもちろん、バンドのみんなが1つのものに向かって一体化していたような本当に最高のライブでした。

選曲も本当に良かったです。
ここまで生きてきて本当に良かったと思える、至福の時間を過ごすことができました。

スポンサードリンク

Cocco 「アダンバレエ」 大阪オリックス劇場 2016/10/25 セットリスト

1. 愛しい人
2. 希望の光
3. 樹海の糸
4. フレア
5. 卯の花腐し
6. Sleeping Beauty
7. 影踏み
8. 椿姫
9. Rosheen
10. 卯月の頃
11. 花も咲いたよな
12. 強く儚い者たち
13. 風化風葬
14. コスモロジー
15. 楽園
16. すみれ色
17. BEAUTIFUL DAYS
18. 眠れる森の王子様
19. 蝶の舞う
20. 有終の美
21. ひばり

>>【期間限定】4000万曲以上を無料で聴き放題できる方法はこちら<<

このレポが気に入ったら「いいね」ボタンをお願いします!
LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る