野田洋次郎は大学中退でも天才?帰国子女で英語もペラペラ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4人組ロックバンドであるRADWIMPS(ラッドウィンプス)のボーカル&ギターを担当する野田洋次郎

もともと彼ら独自の音楽センスや哲学的な歌詞には、根強いファンがいましたが、君の名は。の主題歌である「前前前世」の大ヒットにより、一気に知名度を上げた印象です。

今回は、そんなRADWIMPSの作詞作曲をする野田洋次郎の魅力について、リポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

野田洋次郎は大学中退でも天才?

野田洋次郎

出典:前前前世PV

RADWIMPSの作詞作曲をし、ボーカルも担当する野田洋次郎ですが、業界内外から天才と評されるほどの音楽的センスを持ち合わせています。

特に歌詞を見れば一発で彼と分かるような、彼にしか書けないような独創的な言葉選びは、毎回のように驚かされます。

そんな野田洋次郎の言葉からは、知性を感じるわけなのですが、彼の学歴を見てみましょう。

野田洋次郎は、慶應義塾大学環境情報学部 湘南藤沢キャンパスに所属していましたが、最終学歴は高卒となっています。
なので、大学は中退してしまったことになります。

ただ、慶應大学に入学できる時点で、頭は良いほうなのでしょう。

ちなみに、慶應大学では俳優の水嶋ヒロさんと同級生であり、年齢的には1年後輩に当たります。

いったい野田洋次郎はどんな学生生活を送っていたのかというと、桐蔭学園高等学校に通っていた頃からバンドは組んでいたようです。

コンテストでグランプリを取った実績もあり、翌年からはゲスト出演までするほど、当時から才能が見られます。

ただ、高校3年生になり、受験が近くなると学業に専念するため、一時バンド活動を休止していたこともあったんですね。

バンド活動に夢中になっても、きちんと勉強を頑張って慶應に合格するのですから、やはり知的なのでしょう。

しかも、大学では曲作りをしながらテスト勉強もしていたそうです。
アルバム制作の時期は、パソコンで歌詞と勉強の画面を切り替えながらの作業が大変だったといいますが、普通じゃできないことですよね。

きっと学生時代に勉強したことが、今に生きているからこそ、野田洋次郎独自の歌詞が書けるのだと思います。

彼は、ギターの他にもベース、ドラム、ヴァイオリン、ピアノ、キーボード、シンセサイザーなど、大半の楽器を使いこなせるそうです。
これは努力だけではどうしようもないことですから、やはり天才と称されるのも分かります。

関連記事⇒RADWIMPS Human Bloom Tour 2017 チケット発売と当選倍率を予想してみた

帰国子女で英語もペラペラ?

野田洋次郎は、RADWIMPS以外にも「illion」というソロ・プロジェクトを立ち上げています。

こちらの楽曲を聴くと、タイトルだけでなく、歌詞にも英語がよく使用されているんですね。
しかもワンオクのTakaのように、発音も綺麗なのです。

関連記事⇒ワンオクロック・タカも英語がペラペラ?

そのため、留学して帰国子女ではないかとの声もあります。

そこで、野田洋次郎の幼少期についても掘り下げてみたいと思います。

彼の子供の頃は「春光幼稚園」に通っていましたが、あと3ヶ月で卒園という時に、アメリカ・テネシー州へ渡っています。

当時は4歳で、帰国したのは10歳の時、小学校4年生で「世田谷区立桜丘小学校」に転入したとされています。

なので、アメリカで過ごした約7年間という間に英語を身につけることができたのかもしれません。

スポンサーリンク

英語歌詞とillionについて

野田洋次郎は帰国子女ということがわかりましたが、本人は、高校生の時に勉強して英語を身につけたと語っています。

確かに「帰国子女=英語が話せる」わけではないので、勉強もしないとペラペラにはならいでしょう。
私の周りにも、アメリカに留学したにも関わらず、全く話せない人は結構いるんですよね・・・

では、なぜ野田洋次郎は英語を猛勉強して身につけたのか?

その答えは、彼の次の言葉にあります。

「せっかく音楽を作っているなら、国外でやってみたかったというのがあります。そしてそれは20代のうちにやりたかった。今の日本に向けて。」

野田洋次郎は、イギリスのバンド「OASIS」のノエル・ギャラガーに影響を受けていますので、海外での活躍は憧れであり目標なんだと思います。

その言葉通り「illion」というバンドで夢を実現させたのですから、素晴らしいとしか言いようがありません。

RADWIMPSとは別物ですが、私はとても好きです。
世界観や声なども含めてRadioheadのトム・ヨークに似ているなと思います。

関連記事⇒【ネタバレ】Illion(RADWIMPS)ライブ 2016/7/27 大阪Zepp Nambaのセトリと感想レポ

野田洋次郎の歌詞の魅力とは?

野田洋次郎は英語歌詞について、日本語とは違うメロディを奏でる楽器と表現しています。

確かに、日本語と英語では載せることができるメロディーが違うので、日本語では歌えない曲を英語なら作ることができますね。

こういった言葉からも、野田洋次郎の音楽に対する真剣さが伝わってきます。

彼の歌詞からは、人とは違う視点から物事を見て表現できるところに最大の魅力があると思います。

野田洋次郎は性格的にひねくれている部分があるそうですが、そんなところも歌詞に出ているのかもしれません。

ただ独創的だけでなく、リスナーの共感を得たり、考えさせられる歌詞を書けるのは、過去の経験や勉強から来るものと、やはり天才なのでしょう!

ちなみに、前前前世を聞いてRADWIMPSを知った人からすると、他の楽曲「狭心症」や「五月の蝿」などを聴くとそのギャップに驚かれることだと思います。

そんな野田洋次郎の振り幅の広さを見ていると、まだまだこれからどんな曲が出てくるのか楽しみです。

【プロフィール】
野田洋次郎
生年月日:1985年7月5日
出身地:東京都
身長:180cm
体重:75kg
血液型:A型
所属:有限会社ボクチン
学歴:慶應義塾大学環境情報学部中退
【関連記事】
RADWIMPS(ラッドウィンプス)ライブ2017の一般チケットと倍率を予想してみた
映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」が絶好調のRADWIMPSが、2017年に全国ツアーを行うことを発表しました。ニューアルバム「人間開花」のCD購入者先行予約のチケット当落が、12月9日に発表されたことで、SNS...

Illion ライブ 2016/7/27 大阪のセットリストと感想レポート(Zepp Namba)
Illion(イリオン)とはRADWIMPSの野田洋次郎のソロプロジェクトで、2013年2月に1STアルバム「UBU」を世界に向けてリリースし、海外でライブを実施しました。日本で行われるライブは、7月22日のフジロック2016と7...

ワンオクロック・タカの英語がヤバイ!弟と岩田剛典との関係とは?
ワンオクのタカは英語歌詞の歌を素晴らしい発音で歌う姿が印象的です。その英語力は、どのようにつけたのか気になるところです。また、タカの弟や、JSBの岩田剛典との関係についてもリポートしていきたいと思いま...

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代リポートブログの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:私の個人的な意見、見解、感想など

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

編集長 プロフィール


編集長:シニック

子供の頃からのテレビっ子
ネットが登場してからは、テレビだけでは分からなかった裏側の世界に興味を持つようになる。

【好きなジャンル】
芸能、野球、音楽、ドラマ

【尊敬する人】
堀江貴文

【好きな芸術家】
桜井和寿、東野圭吾

【好きな猫】
ノルウェージャンフォレストキャット、 メインクーン、 サイベリアン、 マンチカン
ページ上部へ戻る