坂口杏里の現在はMUTEKI?小峠と別れた理由と借金の金額とは?

LINEで送る
Pocket

2008年にデビューし、母で女優の坂口良子さんの娘でも有名な坂口杏里さん。

テレビで見せるおバカキャラと、ほっとけない雰囲気が人気でした。

そんな彼女の現在がヤバイことになっていると、ネット上はざわついています。

気になる現在の状態とバイキング・小峠英二と破局した真相にも迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

坂口杏里の2016年現在の仕事は?

坂口杏里

2世おバカタレントキャラが人気の坂口杏里さんは、2009年の「踊るさんま御殿」の出演をきっかけにブレイクし始めました。

お笑い芸人の小峠との交際も話題になりましたね。

最近テレビで見かけなくなったなと思っていましたが、そんな中飛び込んできたのが、坂口杏里さんのセクシー女優への転身でした。

調べてみると、2016年の3月に事務所をすでに退社していて、公式ページもエラーとなっていました。

気になるデビュー日は、2016年10月1日にデビュー作の発売が決定していると報道され、早くもパッケージや今後のプロモーションに注目が集まっています。

発売元は、芸能人を専門に扱うことで有名な「MUTEKI(ムテキ)」
パイレーツやWinkの鈴木早智子、島田陽子なども出演されています。

気になる出演のギャラは、週刊女性によると、1億2000万円~1億4000万円ほどだそうです(´・ω・`)
しかし、本人が手にするのは2000万円ほどだという

個人的な意見ですが、そういったことが好きであれば別にいいんですが、お金を稼ぐためだとすれば少ない金額ではないかと思います。

それにしても、坂口杏里さんはなぜ衝撃デビューを決断されたのでしょうか?
その背景には、多額の借金まみれの人生があったようです。

坂口杏里がホストクラブ通いで借金まみれ?

坂口杏里さんは、もともとホストクラブ通いが噂されていたんですね。

芸能人がホストクラブ通い?
ちょっと意外だったわけですが、その理由は彼女の寂しがり屋な性格と幼少期にあったようです。

母親で女優の坂口良子さんは、娘の杏里さんを産んですぐに離婚しています。

そんな母親も、横行結腸ガンと併発した肺炎によって、2013年に亡くなってしまいます。
坂口杏里さんは当時22歳のことでした。

お笑い芸人のバイキング・小峠英二と2014年に交際するも、わずか半年で破局を迎えました。

・2013年に母親死去
・2015年に恋人と破局

といったことが続いたことで、さらに寂しさというものが募っていたのかもしれません。

その寂しさを埋めるためか、ホストクラブ通いにはまり、ついには借金を背負う羽目になります。

坂口杏里さんが背負った金額は「500万円」という情報がありますので、転身デビューによるギャラ2000万円で返済することが可能ではあります。

しかし、正直なところ500万円の借金であれば、キワどい写真集でも出版すれば十分に返せる額ではありますよね?
いきなりハードルを飛び越えたって感じです。

おそらくなんですが、彼女にその選択肢を取る発想がなかったのかもしれません。
借金を抱えていることで、ホストクラブからの返済方法を提案されて、そのまま話を聞いてしまった・・・

母親も恋人もいない、周りに坂口杏里さんに助言できる人がいなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

離婚・借金・死別 壮絶な生い立ち

ホストクラブ通いが、借金の原因を作ってしまったわけですが、さらに遡って坂口杏里さんの過去を調べていくと、いろいろと複雑な家庭環境だったことがわかってきます。

坂口杏里さんの父親は、元不動産会社役員の田山恒彦氏です。
かなりのやり手で「地上げの神様」という異名も持つ父親でしたが、バブル崩壊をきっかけになんと40億円もの借金を抱えることに・・・

借金は、父親の連帯保証人となっていた妻の良子さんにも、重くのしかかることになったのです。

これをきっかけに1994年に田山恒彦氏と離婚することになりました。

その後も母親は苦しい借金生活を送る姿を見て育った杏里さんは、寂しい思いをしたことでしょう。

当然のことながら、そんな原因を作った父親を杏里さんは憎んでいたようです。

しかし、父親の田山恒彦氏が、がんを患ったことが判明したのです。

これをきっかけに、2015年に20年ぶりに再会し、「後悔しないように父親を支えていく」ことを自信のブログでコメントしたんですね。

私はこのエピソードを知って、実はホスト通いによる借金だけではなく、父親のがんの治療費も関係があると思いました。

がんとの闘病は壮絶なものになりますし、先進医療のように保険が効かない治療を受けるためには、やはりお金が必要です。

そのため、きわどい写真集ではなく、お金が稼げる業界へと転身を決意したのでしょうか。

憎んでいたとはいえ、実の父親。
2年前の2013年に母親を亡くしてからは、父親に治ってほしいという思いが強まったのかもしれません。

しかし、現在もホストクラブにハマっていると報じられている坂口杏里さん
デビューして、高額なギャラを手にすると、さらにのめり込んでしまう可能性もあります。

ホストクラブにハマる人の特徴として、寂しがり屋の性格や、風俗店で働く女性が癒やしを求めに行くことが上げられます。

そのため、仕事のストレスをホストクラブで発散することに慣れてしまうと、中々抜け出せなくなってしまうんですね。

そうなれば、父親の治療費どころではなくなってしまいますし、さらなる借金地獄へ陥る可能性だってあります。

そうならないように、ここでホスト通いはきっぱりと止めて、借金の返済と父親の病気が治ったら、自分を大切に生活してほしいなと思います。

バイキング・小峠と破局理由の真相とは?

坂口杏里さんは、バイキング小峠のことがタイプだったようなんですね。
二人は2014年夏頃に共演した番組がきっかけだったそうで、坂口杏里さんが口説いたそうです。

う~ん、性格は良さそうですが、失礼ながら私的には全くわからないです・・・(笑

2014年12月に水族館での手つなぎデートが発覚するも、2015年6月に破局。

わずか半年のスピード破局の理由はなんだったのでしょうか?

小峠英二の雑誌インタビューによると、デート中に目立ってしまうことが悩みだったとか。
すると、周りの目を気にするがあまり、デートする回数が減っていったんだそうです。

芸能人同士の付き合いの難しさを感じた二人は、友達の時のほうが楽しかったようで、別れる決断をしたと語っています。

まあ確かに美女と野獣って感じですから、目立つでしょうし、見かけた人はざわつく感じはあることでしょう。

しかし、それって芸能人のように目立ちたい人にとっては、それも楽しいものなんじゃないでしょうか。
しつこくされたり、家までついてこられたら嫌でしょうけど、1人で歩いてたって目立つわけですから、そんなことで別れるかな?というのが私の感想です。

で、一部報道を見ると、全く別の理由があることも分かりました。

実は、坂口杏里さんのホストクラブ通いは、小峠との交際中もあったそうなんですね。

さらに、未成年強姦犯の田代仁氏という人物との関係もあったと噂されています。

このことで、デートのドタキャンなどもあり、小峠英二の方が愛想を尽かしたというのが真相と言われています。

「なぜ、タイプの小峠と交際できたのに、ホストクラブがやめられない?」

きっと坂口杏里さんは、強く言われると断れない性格だったのかもしれません。

小峠と付き合うも、それまで関係していた人物と決別できずに、連絡が来れば断れずにずるずると付いて行ってしまう傾向・・・
自分で考え、行動する勇気が付いていないと、相手が中心の人生になってしまいますよね。

坂口杏里さんはおバカタレントとしてブレイクしましたが、愛されると同時に多くの人が彼女の危うさを感じていたのではないでしょうか。

あまりひとくくりに言いたくはないですが、先日の高畑裕太容疑者など2世タレントは、きちんとした教育を受けていないということも、その後の人生や芸能生活に大きな影響を与えてしまいます。

幼少期の環境というのは、やはり大切だということも改めて思います。

関連記事⇒【衝撃】高畑裕太の逮捕は母の高畑淳子の甘やかしの責任?

【プロフィール】
坂口杏里(さかぐちあんり)
生年月日:1991年3月3日
出身地:東京都
身長:168cm
体重:43.2kg
血液型:B型
スリーサイズ:80-59-88cm
所属:MUTEKI

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

編集部新時代レポ

この著者の最新の記事

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る