ユニコーン ABEDON50祭 2016/7/30 山形 感想ライブレポとセトリ(山形市総合スポーツセンター)

LINEで送る
Pocket


ユニコーンのキーボード「ABEDON」が50歳となる誕生日を記念した「バースデースペシャルライブ」が、ABEDONの地元である山形で行われました。

ABEDONの誕生日である7月30日と翌日31日の2daysで開催され、ABEX GO GO、ABEDON and THE RINGSIDE、氣志團、ユニコーンの4組が出演する豪華なステージとなりました。

実は40歳の誕生日にも同様のバースデーライブを行っていたABEDON。今回のライブの参加はもちろん、なんと当時のライブにも参加していたという40代女性の方のライブレポートを紹介します。

スポンサードリンク

ユニコーン ABEDON50祭 2016/7/30 感想ライブレポ

ユニコーン ABEDON50祭

タイトル:ABEDON50祭「サクランボー / 祝いのアベドン」
開催日 :2016年7月30日
会場  :山形市総合スポーツセンター 第一体育館
※セットリストは記事の最後に記載しています。

ユニコーンのキーボード:ABEDONが50歳を迎えるということで、出身地である山形にてバースデーライブが行われました。

10年前にも、ABEDONの40歳を祝うイベントがあり、私も参加していました。

その時はまだユニコーンは再結成していなかったし、いま、自分が当時の彼の年齢に追いつくことなど、いろいろと感慨深く、今回も参加してきました。

一大イベントということで、全国各地からファンが集結していました。新幹線の中でもすでにファンが多数見られたし、山形駅や会場の周辺も、ファンで溢れていました。

会場には飲食の屋台が並び、まさにお祭りのようでした。

グッズ売り場は長い行列ができており、特製ビールやキーホルダーは売り切れていました。

全国の映画館でライブビューイングがあったので、定刻どおりに開演しました。

ABEX GO GO

まずはABEDONの幼少期からの映像が流れ、ABEX GO GOのライブからスタート。

以前活動していた、ABEDONとSPARKS GO GOのミックスバンドで、10年ぶりのライブとなりました。

ピアノの弾き語り「夕立ち」から始まり、きれいなハモりが印象的でした。

その後はハードめの曲が続き、客とともに盛り上がる「TOY JUMP」で終了。あっという間のステージでした。

ステージ転換の間は、ABEDONと奥田民生が海外へレコーディングの勉強をしに行く映像が流れていたので、待ち時間も飽きることなく過ごせました。

ABEDON and THE RINGSIDE

続いて、ABEDON and THE RINGSIDE。

ABEDONのソロなのですが、奥田民生、SPARKS GO GOのヤック、斎藤有太、木内健と豪華なバンドメンバーです。

ライブでは最新アルバムからのを中心に演奏しました。

20年くらい前のソロの曲「欲望」をABEDONと奥田民生が歌い上げたのですが、とてもキレイで、しっとりと歌い上げ、感動しました。

氣志團

次に、ABEDONがプロデュースした氣志團の登場ですが、なんと、持ち歌を1曲もやりませんでした。

「アベストテン」ということで、ABEDONやユニコーンの名曲たちを、誰もが知るアーティストの名曲風にアレンジをして、ザ・ベストテン形式で10位から1位まで紹介。

綾小路翔が黒柳徹子に扮し、他の氣志團メンバーはバックバンドに徹していました。

たとえば、EXILE風アレンジでの「人生は上々だ」は、ABEDONがランニングマンの振り付きで。まさかの姿に場内は大爆笑。

絢香+コブクロ風での「夏の大将」は、奥田民生、ヤック、木内健の3人のハーモニーがクオリティが高く、拍手喝采でした。

他にもユニコーンのEBIとテッシーが、B’z風のホットパンツの衣装で「PTA」を熱唱。観たことがない格好に、涙を流して笑いました。

文字では伝えづらいのですが、ザ・ベストテンの番組の細かいところまでしっかり再現していて、番組を知る世代にとっては面白すぎて感動すら覚えました。常に客席からは笑いが起こっていました。

師匠ABEDONに対する氣志團の愛はもちろん、対応した他の出演者やスタッフの方に脱帽です。

ユニコーン

抱腹絶倒のあとは、ユニコーンのライブ。

ABEDON以外のメンバーが作った「RAMBO N°5」は、映画ランボーとマンボの融合、ほとんど歌がなく、これにも笑わせられました。

【ABEDON50祭 企画 SPECIAL MOVIE RAMBO N°5】

ユニコーンは、メンバーが50歳を迎えた際に、いつも誕生日イベントを行っており、今回のABEDONがラストです。

これまでのイベントの集大成という意味もあり、過去4人の時のテーマソングも順番に披露しました。

それから、ABEDONがボーカルをとる曲が続き、「SAMURAI5」では金のテープが発射されました。

ユニコーン ABEDON50祭

ドラマの主題歌でもあった新曲「エコー」も初めてライブで演奏されました。照明が今まであまり観たことのないタイプで、とてもステキでした。

最後に、ABEDONが他のメンバーに向けて作った「50/50」、ずっとABEDON1人がスクリーンに映しだされていましたが、「僕たちは いつつでひとつ」という歌詞のときにステージ上のユニコーン5人の映像に切り替わり、感動的でした。

アンコールではABEDONが客席から登場し、PA席の上に立ちあがり、後方スタンド席へサービス。

そのあと、「しーあわせ!」と紙吹雪をバラまきながら、客席の中を歩いていき、場内は大興奮となりました。

出演者集合

ラストは、ライブ定番の「人生は上々だ」が始まり、曲の途中でストップすると、バースデーケーキが登場。ここで出演者全員が出てきて、ハッピーバースデーを歌いました。

また、入り口に飾られていた特大のココペリ人形が、日付にちなんで「7列30番」の席の人にプレゼントされました。

ユニコーン ABEDON50祭

さらにABEDONはプレスリー風の衣装から、ブルース・リーの衣装にステージ上で着替えるなど、最後まで目が離せない、笑いっぱなしのライブでした。

ライブ終演後は、山形駅から少し離れた会場ということで、シャトルバスが運行されました。

バスの数があまり多くなかったようで、かなりの長い行列が出来、待ち時間も長かったです。

しかし山形駅周辺に戻ると、ライブ帰りのファンであふれており、みんな、まだ興奮冷めやらぬといった感じでした。

私自身も山形まで行ってよかったと思える、とても楽しい素晴しいイベントでした。

スポンサードリンク

ユニコーン ABEDON50祭 2016/7/30 セットリスト

【ABEX GO GO】
1. 夕立ち
2. ABEX
3. VISITOR
MC
4. おせわになりました
5. TOY JUMP
【ABEDON and THE RINGSIDE】
1. Feel Cyber
2. R&R Shower
3. 欲望
MC
4. TALK TO THE LADY
5. 不思議は不思議
【氣志團】
1. 忍者ロック
MC
2. WAO!
3. 欲望
MC
4. PTA~光のネットワーク~
MC
5. 風~SMA~風II
MC
6. 夏の大将
MC
7. 人生は上々だ
MC
8. Feel So Moon
MC
9. 開店休業
【ユニコーン】
1. RAMBO N°5
2. 半世紀少年
3. 新甘えん坊将軍 ~21st Century Schizoid Man
4. ロック! クロック! オクロック!
5. TAIRYO
MC
6. ひまわり
7. WAO!
8. SAMURAI5
9. エコー
10. 50/50
<アンコール>
11. 人生は上々だ

>>【期間限定】4000万曲以上を無料で聴き放題できる方法はこちら<<

このレポが気に入ったら「いいね」ボタンをお願いします!
LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る