aiko ライブ「LLP19」 2016/7/23 セットリストと感想レポート(東京NHKホール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

デビュー18周年を迎えたばかりのaikoさん。2016年のライブは、5月21日(土)市川市文化会館を皮切りに「Love Like POP vol.19」がスタートしました。

今回は、7月23日のNHKホールのライブに行ってきたaikoと同い年という女性の方に、ライブの感想を聞きました。

スポンサーリンク

aiko 2016/7/23 NHKホール 感想レポート

aiko Love Like POP vol.19 2016年7月23日 NHKホール

タイトル:Love Like POP vol.19
開催日 :2016年7月23日
会場  :NHKホール
※セットリストは記事の最後に記載しています。

私は40歳女性であり、aikoと同い年です。
aikoを知った頃は会社員であり現在は自営業ですが、デビュー以来ずっと活躍し続けるaikoは同年代のあこがれでもあり、いつも元気をもらいにライブに通っています。

aiko Love Like POP vol.19 2016年7月23日 NHKホール
※チケットはいつもかわいいデザインです

会場に着くと、グッズ売り場には行列ができており、コンチョゴムが売り切れになっていました。並ぶとスムーズに進み、すぐにパンフレットを購入できました。毎回しっかりとした作りで、今回はバンドメンバーとのLINEのやりとりや、ファンからの質問に応えるコーナーなどが掲載されています。

中に入ると、ステージ中央から客席の前方部分まで伸びた花道が設置されていました。

大きな会場では、客席の中央を突っ切る花道はaikoの名物となっていますが、ホールライブでこの仕様は初めて見ました。しかし私は3階席の後ろだったため、花道の先端にaikoが移動すると、ちょうど見えない位置でした。

ライブスタート!

ライブは、新譜の1曲目「何時何分」からスタート。幕がおりたまま、静かな伴奏に合わせてほぼアカペラのような歌が始まり、緊張感がありました。

幕がおちると、aikoは個性的なトップスに、スカートという衣装、カラフルなので、遠くからでも際立ちます。

「あたしの向こう」「運命」とアップテンポの曲が続き、aikoもそれに合わせて跳んだりはねたり、さらに歌っているので、その体力には驚きます。

また「雲は白リンゴは赤」ではホーン隊の3名が登場。その後もところどころの曲で登場し、さらに華やかになります。

aiko ポケモンGOを始める

MCでは、話題の「ポケモンGO」を始めたと告白。
今日ステージ上で”タマタマ”というポケモンをゲットしたので、みんなの心もゲットしたい等、話していました。

新しいアルバムの中からの「信号」に続いて、少し古めでレアな「蝶の羽飾り」へ。懐かしくて嬉しかったです。

インスタグラムで

再びMCでは、Instagramをこっそりやっているという話。
aikoファンの子が掲載しているaikoのサインを見たら、「自分が書いたものではなかった!」と断言していました。その子に伝えたい!と力説していました。

aikoのMCは毎度雑談のようで、とても長いのですがそれもまた楽しいライブの魅力の1つです。

最新シングル「もっと」を大人の雰囲気で歌ったあと、「前ならえ。」という、ヒット曲「カブトムシ」のカップリングというマニアックでなつかしい曲を。
同世代のaikoの歌詞は、とても共感できるのですが、この曲で当時感じてたことなども思い出しました。

続けて「星のない世界」も、とても久しぶりに聴けました。見事に感情を込めて歌いあげてくれました。
個人的には大好きな1曲で、その頃の自分の状況など思い出して、とても感慨深かったです。

即興コーナー

バンドメンバーがはけて、aikoは中央に設置されたピアノの前に座り、客も座るように促されます。

1階、2階、3階の客席から2名ずつ指名し、キーワードをもらい、それを組み合わせて、即興で曲を作るコーナーです。
aikoのホールツアーではお約束になっています。

バラバラの6つの単語たちをうまく合わせて、偶然目が合った男女のカップルの歌詞になりましたが、最後にはその女子はaiko本人だったというオチをつけていて、感心してしまいました。

さらに、最初のMCでのタマタマにかけて、「たまたまの間柄」というタイトルになりました。

続けて、ピアノ弾き語りアレンジで「朝の鳥」「愛だけは」。aikoの透き通る声が際立ち、繊細な仕上がりに、聴き入ってしまいました。

弾き語りコーナーが終わると、再びアップテンポな曲へ。
演出でピックアップされた歌詞が、ステージ後ろのスクリーンに瞬間瞬間で表示されるというのが何曲かありました。

ライブ本編後半へ

ライブ後半戦になり、お決まりの「男子!」「女子!」のコールアンドレスポンスから定番の盛り上がる曲を連発しました。

「Power of Love」ではテープが発射されましたが、3階席まではさすがに届きませんでした。
曲の途中でメンバー紹介では、最後に「そしてボーカルは」の掛け声に「aiko!」とオーディエンスが叫びます。

本編ラストの曲の前には、アンコールがあることを匂わせるMCを展開しながら、「二人」へ突入し、本編は終了しました。

アンコール

アンコールはバラードの「蒼い日」から始まり、まだ夏の始まりだけど終わりにはこの曲を思い出して欲しいと「夏が帰る」で再び盛り上がります。
もともとの曲にはホーンが入っていないのですが、ホーンアレンジが加えられてて、新鮮でした。

そしてラストには、アップテンポでジャズ調の「夢見る隙間」、かなりかっこよかったです。

ライブの終わりには、いつもaikoとバンドメンバーが一列に手をつなぎ並びます。

最後にaikoがマイクを通さず、ナマ声で客席に向かって挨拶をしました。後方の席でも十分に届くその声は、あたたかみを感じて、嬉しいものです。

アンコール2

ここで終わりと思いきや、ダブルアンコールがありました。
そして「今回のツアーで初めて演る曲」とaikoが言い「Milk」が始まると、場内は大きな歓声が起きました。

さらにライブ終盤の定番曲「be master of life」へ。

まさかのダブルアンコールで私も大興奮でした。aikoも花道から客席へ手をのばしてタッチなどしていて、最高潮に盛り上がりました。

ライブが終わると、改めてメンバー紹介の映像や、セットリストのエンドロールが流れました。

また、ロビーにはセットリストのボードも設置されていました。

aiko Love Like POP vol.19 2016年7月23日 NHKホール

今回席は後ろでしたが、、ライブ後半からはカメラの映像が映しだされたので、aikoの表情などもよく見えて良かったです。

欲を言えば前半から見たかったですが、aikoのライブはどの席で見ても、一体感があります。今回も大満足の時間を過ごせました。

aikoの髪型最新はロングとボブのツーブロック!憧れのジーンズファッション
2014年、素敵な選TAXIでテレビドラマ初出演を果たしたaikoさん可愛い髪型やジーンズにTシャツといったシンプルなコーディネートもセンスを感じさせます。そんなaiko流ファッションを見ていきましょう。aikoの髪型...

スポンサーリンク

aiko 2016/7/23 NHKホール セットリスト

1.何時何分
2.あたしの向こう
3.運命
4.雲は白リンゴは赤
MC
5.信号
6.蝶の羽飾り
7.問題集
MC
8.もっと
9.前ならえ。
10.星のない世界
MC
11.即興曲(タマタマの間柄)
12.朝の鳥
13.愛だけは
MC
14.好き嫌い
15.冷凍便
MC
16.未来を拾いに
17.その目に映して
18.Power of Love
MC
19.二人
<アンコール>
20.蒼い日
21.夏が帰る
22.夢見る隙間
<アンコール>
23.Milk
24.be master of life
aikoと星野源はいつから?二階堂ふみとはデマで復縁は?曲に現れる意味深な歌詞
先日、aikoと交際が報じられてた星野源に二階堂ふみとの熱愛が報じられました。実は交際中には星野源のくも膜下出血の療養中をaikoが支えていたことさらには、もうじき結婚とまで言われていただけに星野源ファン...

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代リポートブログの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:私の個人的な意見、見解、感想など

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集長 プロフィール


編集長:シニック

子供の頃からのテレビっ子
ネットが登場してからは、テレビだけでは分からなかった裏側の世界に興味を持つようになる。

【好きなジャンル】
芸能、野球、音楽、ドラマ

【尊敬する人】
堀江貴文

【好きな芸術家】
桜井和寿、東野圭吾

【好きな猫】
ノルウェージャンフォレストキャット、 メインクーン、 サイベリアン、 マンチカン
ページ上部へ戻る