小田和正ライブ2016/6/7 セットリストと感想レポ 兵庫県神戸ワールド記念ホール

LINEで送る
Pocket

現在68歳という年齢にも関わらず、心に響く高音ボイスと心に残るメロディーが今も支持を集め続ける小田和正さん。

活動を長く続けていると、なかなかオリジナル曲でのヒットは難しくなり、過去のヒット曲に頼りがちになってしまうものですが、小田和正さんは、ご存知の通り今でも作品をリリースし続けています。

そんな彼の2016年のコンサートは、発売されてから何度も一位を取ったアルバム「あの日 あの時」を引っさげてのライブツアーとなります。実際に観に行かれたファンの方にセットリストと感想レポを聞いてきました。

スポンサーリンク

小田和正 TOUR 2016 君住む街へ 2016/6/7 感想レポート

odakazumasa20160607-1

タイトル:明治安田生命 presents KAZUMASA ODA TOUR 2016 君住む街へ
開催日 :2016年6月7日
会場  :神戸ワールド記念ホール

私は26歳で普段はミキサーの仕事をしています。音楽が大好きでライブへ行くのは趣味でした。

今回は、小田和正さんのライブを観に、神戸ワールド記念ホール行ってきました!

odakazumasa20160607-2

ライブが始まって、小田さんがステージに出てきた瞬間から涙が溢れてきて、それだけ自分は、小田和正さんの音楽に救われすぎてたんやなぁって改めて感じました。

うるうると溢れ出す涙を拭ってくれるかのように、一曲目から優しく暖かい歌声で包み込んでくれました。

何よりも、セットリストが良すぎでした。一曲目から本編のラスト曲まで全ての流れが綺麗で一曲目にそれ来たから、ラストにこう来たかと納得の納得でした。とても素晴らしい選曲だと思いました!

小田さん最高!」ってなっていました。一番よかった演出は「僕の贈り物」を合唱したことです。「お客さんに歌わせるのは嫌いなんですよ」って言っといて「僕の贈り物をみんなで歌ってください」って言ってたのには個人的にツボにはまってしまいました(笑)

あと、毎回のライブでお決まりのようにあるのが、ステージの花道の端から端までをぐるぐると走りまくる小田さんです。しまいにはステージから降りて客席に乱入してました。

本当に68歳なのかなぁって疑いながらも、可愛いさがめちゃくちゃ溢れていて癒されます!

特に、小田さんが両膝を使ってリズム取ってはる姿が、後ろから見てるとかなり癒されました。

あ、今回、背中側の席でした!後ろ姿しか見えないのに こんなに楽しめるなんて思いもよりませんでした。

ライブが終わったあと、もう一度最初から今のライブを観たい…って思いが強すぎてなかなか会場を出る気になれませんでした。

一緒に行ったお母さんに引っ張られてようやく出られた気がします。←余韻に浸りすぎてよく覚えてないです。

でも、また8月と9月にも関西に戻ってきてくれるから、チケット頑張って取りたいと思います!

スポンサーリンク

小田和正 TOUR 2016 君住む街へ 2016/6/7 セットリスト

odakazumasa20160607-3

1 wonderful life
2 こころ
3 眠れぬ夜
4 秋の気配
5 さよなら
6 僕の贈りもの
7 愛を止めないで
8 時に愛は
9 心はなれて
10 言葉にできない
11 I LOVE YOU
12 YES-NO
13 the flag
14 そんなことより 幸せになろう
15 恋は大騒ぎ
16 キラキラ
17 ラブ・ストーリーは突然に
18 風と君を待つだけ
19 たしかなこと
20 my home town
21 さよならは 言わない
22 今日も どこかで
23 風は止んだ
24 君住む街へ

-アンコール-

25 愛になる
26 YES-YES-YES
27 夏の終り
28 ダイジョウブ
29 また会う日まで

プレミアムチケットも定価以下でゲットできる裏ワザはこちら!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら
ページ上部へ戻る