モーリーロバートソンがカミングアウト?西村賢太を激怒させた理由とは?

LINEで送る
Pocket

ショーンK氏が経歴詐称疑惑の
報道で報ステやとくダネ!を降板

さらには、4月からMCを
務める予定だった「ユアタイム」も
降板が早々に決まりました。

彼の後任には
モーリー・ロバートソン氏が
決定したということです。

学歴に間違いのない彼を
後任にしたようですが、
どういった方なのでしょうか?

スポンサーリンク

ショーンK後任のモーリーロバートソンとは?

ショーンKことショーン・マクアードル川上が
「ユアタイム~あなたの時間~」の
メーンキャスターを降板したことで
後任に内定したモーリー・ロバートソンさん

関連記事⇒【衝撃】ショーンk氏は日本人で学歴は高卒だった!鼻はプロテーゼ注入か!?

彼の公式サイトによると、
ジャーナリスト・アーティスト・ラジオDJなど
数々の分野で活動されてる方のようです。

モーリー・ロバートソン

出典:http://officemorley.jp/message

モーリー・ロバートソン氏は
米ニューヨーク生まれの
広島育ちのアメリカ人

なぜか東大を中退しており
ハーバード大卒とのことです。

どうやら、1981年に
・東京大学
・ハーバード大学
・エール大学

これら名門大学に同時に
合格していたんだとか(´゚д゚`)

一応、学歴が話題になっていることで
卒業証書も公開していました。

お!確かにハーバード大学を
卒業しているようですね。

父親はアメリカ人で医師
母親は日本人で新聞記者
という両親の間に
生まれたハーフなんだそう。

これは、生まれながらの天才を
抜擢したということでしょうか。

上の顔写真で見た容姿だけでなく
経歴もショーンK氏とは
真逆のタイプですね。

関連記事⇒【驚愕】息子全員を東大合格させた佐藤ママの正体とは?

モーリー・ロバートソンの従軍慰安婦問題に対するコメント

intabyu-

数々の肩書を持つ
モーリー・ロバートソン氏ですが
今回、ジャーナリストとしての
コメント力を求められることになります。

そこで、彼の過去のコメントが
どんなもので、どのような影響を
与えたのか調べてみました。

ここで紹介するのは
・従軍慰安婦問題
・カミングアウト

の2点について書いていきます。

まず従軍慰安婦問題ですが、

以前、橋下知事が従軍慰安婦を
肯定するようなツイートが
賛否両論を起こし、炎上したことがありましたね。

その時にモーリー・ロバートソン氏の
アメリカでの慰安婦の捉え方を
発言したツイートが評価されてるようです。

客観的に事実を指摘した
鋭いコメントはジャーナリストとして
必要な資質だと思います。

スポンサーリンク

まさかのカミングアウトとは?

jyosei

続いて、2点目のカミングアウトですが
想像する通り、同性愛に関する発言です。

しかし、モーリー・ロバートソン氏が
同性愛者であるというわけではなく
水泳のイアンソープ選手が
カミングアウトしたときのこと

「マイノリティのカミングアウトは大変だ。その後注目され批判を受けるから人間性が求められる」

というコメントを残し、
良くも悪くも炎上したようなんですね。

この発言だけを見ると、
同性愛者を批判してるようにも
肯定してるようにも聞こえる発言です。

しかし、彼の言ってることは
マイノリティ派が受け入れられることの
大変さであり、本質的なことなんですね。

昔、地動説が説かれた時に
そんな馬鹿なと、誰もが批判したように
非常識と呼ばれるような
マイノリティな考え方というのは
いつの時代でも批判が起きるものです。

このように、モーリー・ロバートソンの
コメント力に関しては、評価できる人物だと
私は考えています。

しかし、頭脳よりも
彼の性格が気になるという
話も出ているようです。

下手をすれば、
すぐに降板の可能性すらあると
一部では言われているようですが、
その理由は何なのでしょうか?

西村賢太を激怒させた理由とは?

kenka

TOKYO MX「ニッポン・ダンディ」
という番組で、芥川賞作家の西村賢太と
モーリー・ロバートソンが
共演したことがありました。

しかし、共演した翌週の
2013年6月11日(火)の放送時
西村賢太が、突如降板したことが分かり
ネットで話題になったことがあるんです。

降板した理由は2人が共演した際に
モーリー・ロバートソン氏が
「西村賢太は顔が悪いから中国に入国できない」
という旨の話をしつこく言っていたんですね。

どうやら、これに西村賢太が
激怒してしまったようなんです。

当時の動画のリンクを下に貼っておきます。

【動画】2013年6月4日(火)ニッポン・ダンディ 西村賢太マジギレでスタジオ騒然

激怒した西村賢太さんは
放送終了後、降板すると言い残し
そのままスタジオを後にしたんだとか。

後日、モーリー・ロバートソンは
あれはジョークだったことを明かし
番組中で謝罪しています。

週刊アサヒ芸能によると
西村賢太さんの怒りは当日に
限ったことではなく、番組の段取り
親交の悪さに不満があり
以前から降板を考えていたと語っています。

う~ん。私的には
つまんないジョークを飛ばすのは
デーブ・スペクターのような
キャラを連想してしまいました(^_^;)

このエピソードだけで
判断はできないかもしれませんが
ああいったいじりは、
相手のバックグラウンドが
とても大切なんですね。

西村賢太さんが
どんな人なのかを知った上で
バカにするような発言というのは
笑いになると思うんです。

アンジャッシュ児島さんを
「お前だれだっけ?」
「大島さん?
「児島だよ!!」

といじるのは、彼だから面白くなる
バックグラウンドがあるからであって、
誰にでも通用するわけではないですね。

MCを務めるのならば、
そういった事も理解して
モーリー・ロバートソンが共演者と
距離を縮めていけるかが
新番組で活躍できる条件になると思いますが
果たしてどうでしょうか。

関連記事⇒【衝撃】ショーンk氏は日本人で学歴は高卒だった!鼻はプロテーゼ注入か!?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

編集部新時代レポ

この著者の最新の記事

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る