2017年最もブレイクした洋楽アーティストおすすめランキング10選!

LINEで送る
Pocket


2017年最もブレイクした洋楽アーティストランキング10選!

2017年も、もう終盤へと近付いてきました。
EDMからヒップホップ、ラテンまで様々なジャンルのヒット曲が私たちを楽しませてくれました。
新人アーティストも、ベテランアーティストもたくさん登場しました。
そんな気になる今年ブレイクしたアーティストをまとめて振り返ってみましょう。
トップ10スタート!

スポンサードリンク

2017年ブレイクした洋楽アーティストおすすめランキング:第10位~第4位

第10位.「Imagine Dragons」(イマジン・ドラゴンズ)

アメリカ発のバンドで、2012年にアルバム「Night Visions」で大ヒットを記録しました。
彼らのどの曲もコーラスで叫びたくなるようなサウンドが特徴的です。

映画「Suicide Squad」にも楽曲「Sucker of Pain」を提供するなど精力的な活動を見せてきました。
(ヒップホップとも相性が良く、Lil’ Wayne やLogicまで参加する豪華作品となっています。)

そんな彼らが今年発表したのが「Evolve」というアルバムです。
過去の作品に続き、同じく彼ら独特のオルタナサウンドが楽しめます。
特に話題を呼んだのが、「Believer」、「Thunder」ですね。
今年のビルボードチャートでも常連となりました。

Believer

Thunder


第9位.「Logic」(ロジック)

若きカリスマラッパーの登場です。
心地よくも、クールなトラックだけでなく、ラップのスキルも注目すべきものがあります。彼を一躍有名にさせたのが、アルバム「Everybody」に収録されている「1-800-273-8255」という曲です。
数字だけ羅列されているのでなんと呼んでいのやら!?と思ってしまいますが、これはアメリカの自殺の予防相談ダイヤルの番号とされていて、自殺予防にも貢献したという説もあります。

作品全体としてもシリアスなイメージがより強くなり、メッセージ性も高いものとなっています。

1-800-273-8255


第8位.「Cardi B」(カーディ・B)

ニューヨーク育ち、24歳の若き女性ヒップホップアーティストです。
過去には、ストリッパーをしながら暮らしていた彼女ですが、リリースした「Bodak Yellow」という1曲が爆発的大ヒットを記録しました。
なんとビルボードでもトップにチャートインしました。

また、ラップの歌い方にも特徴的なものがあり、耳に残ってしまうところもポイントですね。
本人も非常に驚くほどの快挙を達成しました。

Bodak Yellow


第7位.「Taylor Swift」(テイラー・スウィフト)

もはや説明不要でしょうか。
多くのファンから絶大な支持を得ているTaylor Swift。

新曲リリース後には常に首位の座を獲得している彼女ですが、今回はかなり雰囲気が違っています。
いかにもカントリーを意識したサウンドから、よりポップになり、ヒップホップやエレクトロの要素まで取り入れたようなイメージになっています。
いろんな意味で話題を呼んでいますね。

しかし、そんな冒険をした曲でもしっかりとチャートではトップに君臨しました。
Taylor Swiftの活躍はとどまるところを知りません。

Look What You Made Me Do


第6位.「Kendrick Lamar」(ケンドリック・ラマー)

あのラップのカリスマEminemにもお墨付きを得るほどの実力派ラッパーです。
どの曲にも複雑なリリックが埋め込まれており、スリリングでオリジナリティあふれるトラックが持ち味です。

今年リリースしたアルバム「DAMN.」は、彼のテクニックとカリスマ性を本物だと世界に知らしめた1枚でもあります。
中でも「DNA」は、イントロから一気に最後までラップが止まらないという斬新なもの。
ノンストップでテクニカルなラップはひたすら魅了させてくれます。

またもう一つのヒット曲「HUMBLE」はカリスマDJのSkrillexによってリミックスされるなど、ジャンルを飛び越えた活躍も。

DNA

HUMBLE

スポンサードリンク

第5位.「Post Malone」(ポスト・マローン)

見た目とはギャップがあり、歌うようにラップをする新人アーティストPost Maloneです。
若い彼ですが、Justin Bieberとコラボするなど、この時点ですでに大物(笑)。
2016年にリリースされたアルバムの複数曲がチャートインし、今年リリースした渾身のシングルもビルボードチャートではトップに!
もはや止まる事を知らず、活躍がノンストップで広がっています。

rockstar


第4位.「Luis Fonsi」(ルイス・フォンシ)

自身の曲「Despacito」にJusti Bieberが参加したことにより、爆発的な人気を誇りました。
ラテンのトラックに乗せ、今年の夏らしい1曲となりました。
この曲をきっかけに他のラテン系楽曲もチャートインするようになったので、もしかしたらイイ流れを作った張本人かもしれませんね!

Despacito (Remix)

2017年ブレイクした洋楽アーティストおすすめランキング:第3位~第1位

第3位.「DJ Khaled」(DJ キャレド)

毎回、超豪華なゲストを絡めてレコーディングするカリスマプロデューサーです。
自身の息子が誕生したことにより、ハッピーな気持ちが漂うアルバムになっています。
なんとジャケットまで息子です!(笑)

しかも今回は特にすごいです。
Justin BieberやChance The Rapperなど今まさに注目されているアーティストばかりをフィーチャーし、「I’m the One」はチャートのトップに君臨しました。

ギタリストの重鎮Santanaの名曲をサンプリングした「Wild Thoughts」もRihannaらの参加によって大成功。
収録曲のどれを取っても捨て曲ナシの豪華作品です。

I’m the One

Wild Thoughts


第2位.「Calvin Harris」(カルヴィン・ハリス)

今や世界でも一番活躍しているDJでもあり、プロデューサーでもあるCalvin Harrisです。
過去の作品では、EDMサウンドが炸裂し、クラブヒット間違いなしの曲ばかりでしたが、今年発表した「Funk Wav Bounces Vol.1」は違います。
少しレトロな雰囲気を感じさせるミッドテンポな曲が中心となっており、温かみを感じる1枚です。

曲だけでなく、MigosやPharrell WilliamsそしてKaty Perryなどあまりにも豪華なゲストが楽しめますよ。
収録曲数は少ないですが、全て飽きのこない曲なので、何回でもリピートしてしまう中毒性の高い作品です。

Slide

Feels

ランキング

スポンサードリンク

第1位.「Ed Sheeran」(エド・シーラン)

今年最も注目したいのはやはりEd Sheeranでしょう。
チャートの常連となっていますが、「Divide」というアルバムは、モンスター級のヒット作となりました。
中でも、「Shape of You」は、街中で耳することがあるかと思います。
キャッチーで、クールな歌い方はいつも心地よくさせてくれる力がありますね。
その他にも「Castle on The Hill」や「Perfect」など外すことができない曲ばかりが1枚に収められています。

Castle On The Hill

Shape of You

ランキングまとめ

それでは、2017年ブレイクしたアーティストおすすめランキングトップ10の結果です!

1位. Ed Sheeran(エド・シーラン)
2位. Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)
3位. DJ Khaled(DJ キャレド)
4位. Luis Fonsi(ルイス・フォンシ)
5位. Post Malone(ポスト・マローン)
6位. Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)
7位. Taylor Swift(テイラー・スウィフト)
8位. Cardi B(カーディ・B)
9位. Logic(ロジック)
10位. Imagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)

今年は、Cardi BやPost Maloneに始まる新人アーティストによる突然の爆発的ヒットが話題になることもありましたが、やはりCalvin HarrisやEd Sheeranなど、トップを走り続けるアーティストのヒットも多く楽しませてくれましたね。

全体的にヒップホップ色が高くなってきたような印象も受けられますが、名曲はジャンルを超えて様々なアーティストにも影響を与えることでしょう。

以上、2017年ブレイクしたアーティストおすすめランキングトップ10をご紹介しました!

洋楽特集記事はこちら!

>>聴き放題のおすすめ音楽配信サービス7選はこちら<<

LINEで送る
Pocket



この記事の著者

フリーライター

元マスコミ勤務
音楽全般(主に洋楽)を得意分野とし、現在までに約7万曲もの曲に出会いました。
メインでは、レビュー・小ネタ・選曲・曲紹介などの記事を執筆しています。ジャンル・年代はほぼ問いません。

英語(語学)好き・趣味でギター・DJも勉強中。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2017年セトリ

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る