日本レコード大賞 観覧募集の応募方法や当選倍率を徹底予想してみた!

LINEで送る
Pocket


輝く!日本レコード大賞

TBSの年末恒例の音楽に関する賞を決定する「輝く!日本レコード大賞」

日本レコード大賞、最優秀歌唱賞、優秀作品賞、最優秀新人賞など様々な賞をアーティストが受賞するシーンでは最大の盛り上がりをみせます。

ここでは、日本レコード大賞の観覧の応募方法や当選倍率についてレポートしていきたいと思います!

スポンサードリンク

日本レコード大賞 放送日程

日本レコード大賞の過去の放送日です。

放送日放送日司会
第48回2006年12月30日堺正章・蛯原友里、押切もえ
第49回2007年12月30日堺正章・蛯原友里、押切もえ
第50回2008年12月30日堺正章・上戸彩、松下奈緒
第51回2009年12月30日堺正章・藤原紀香
第52回2010年12月30日堺正章・藤原紀香
第53回2011年12月30日堺正章・藤原紀香
第54回2012年12月30日安住紳一郎・新垣結衣
第55回2013年12月30日安住紳一郎・上戸彩
第56回2014年12月30日安住紳一郎・仲間由紀恵
第57回2015年12月30日安住紳一郎・仲間由紀恵
第58回2016年12月30日安住紳一郎・天海祐希

日本レコード大賞は、長い間12月31日に放送されていましたが、ここ数年は12月30日に放送されています。
かつて12月31日に放送されていた頃は、紅白歌合戦と連続して放送されたことからも注目度・ネームバリューが抜群で、受賞はアーティストにとっては名誉なことでした。

日本レコード大賞 観覧応募について

日本レコード大賞を観覧するためには、事前に応募して当選する必要があります。
当選された場合は、無料で観覧できるのでチケット料金はかかりません。

毎年公式サイトで12月上旬から募集案内とあて先が掲載され、1週間~10日間ほどが応募期間となります。

最近では入場に電子チケットが採用されることが多くなってきました。
電子チケット(デジタルチケット)は、利便性と同時に転売防止の役割もあります。

そのため、本人確認が行われる可能性があるため、本人確認書類の提示が求められることがあるので注意しましょう。
電子チケットって何?という方はこちらの記事を参考にしてください。
デジチケ(電子チケット)の入場方法とは?本人確認や同行者の注意点まとめ

日本レコード大賞 応募方法

TBSテレビのサイトの観覧募集ページから各種番組の応募をすることができます。
募集は常時されているわけではないので、募集が開始されると一覧に追加されます。
TBS 観覧募集一覧

日本レコード大賞の観覧は、毎年12月上旬頃から募集が開始されます。
観覧を希望する場合、応募フォームとハガキの2つの応募方法があります。

TBSテレビサイトのフォームから応募

応募が開始されたら番組名を選択すると、日時や応募方法などの詳細を確認することができます。
「応募する」ボタンをクリックすると募集フォームが開きますので、必要事項を記入して送信します。

ハガキで応募

観覧募集ページには応募宛先が掲載されているので、ハガキに必要事項を記入して郵送します。

当落結果は、招待券の発送をもって当選が知らされ、落選の場合は特に連絡はありません。

スポンサードリンク

日本レコード大賞 観覧の当選倍率は?

日本レコード大賞の観覧はかなりの高倍率が予想されます。
一体どれほどの倍率になるのでしょうか?

倍率は、応募数÷募集枠で計算されます。
まず、募集枠は会場の収容人数と仮定します。
問題は応募数ですが、今回は最も注目度の高い歌番組「NHK紅白歌合戦」の倍率を元に予想してみたいと思います!

NHK紅白歌合戦の過去8年間の倍率、応募数、視聴率は以下の通りです。

当選倍率応募数視聴率
2009年437倍579,274通前半:37.1%
後半:40.8%
2010年578倍759,480通前半:35.7%
後半:41.7%
2011年1,025倍1,264,923通前半:35.2%
後半:41.6%
2012年886倍1,172,420通前半:33.2%
後半:42.5%
2013年1,073倍1,427,153通前半:36.9%
後半:44.5%
2014年1,032倍1,385,357通前半:35.1%
後半:42.2%
2015年755倍1,020,005通前半:34.8%
後半:39.2%
2016年922倍991,306通前半:35.1%
後半:40.2%
平均839倍1,074,990通38.5%

平均倍率:839%
平均応募総数:1,074,990通
平均視聴率:38.5%

紅白歌合戦の過去8年間の平均応募総数は1,074,990通、平均視聴率は38.5%です。

一方、日本レコード大賞の過去8年間の視聴率は以下の通りです。

放送日会場視聴率
2009年12月30日新国立劇場13.5%
2010年12月30日15.0%
2011年12月30日14.9%
2012年12月30日16.6%
2013年12月30日17.6%
2014年12月30日15.6%
2015年12月30日13.0%
2016年12月30日14.5%
平均15.1%

ということで、日本レコード大賞の過去8年間の平均視聴率は15.1%です。

紅白歌合戦の視聴率が38.5%で応募数が1,074,990通に対して、日本レコード大賞の視聴率は15.1%なので、比率で計算すると応募数は421,619通となります。

日本レコード大賞は、これまで新国際劇場の中劇場で開催されてきています。
中劇場の座席数1,038席を募集枠と仮定して倍率を予想してみます。

【倍率 = 応募数÷募集枠】

421,619通 ÷ 1,038席 = 406倍

観覧の応募の際には是非参考にされてください。

【人気投票】日本レコード大賞に出演して欲しいアーティストは?

  • 選択肢を追加

※3票まで選択可・アーティストは追加できます。

【年末の音楽特番特集】
日本テレビ ベストヒット歌謡祭2017 観覧応募方法や当選倍率予想はこちら
日本テレビ ベストアーティスト2017 観覧応募方法や当選倍率予想はこちら
有線大賞が打ち切りへ!終了の真相とは?歴代大賞・新人賞・司会者を振り返る
冬のFNS歌謡祭2017 観覧募集・応募方法はこちら
テレビ朝日 Mステ スーパーライブ2017 観覧応募方法や当選倍率予想はこちら
TBS 日本レコード大賞2017 観覧応募方法や当選倍率予想はこちら
CDTV年越しライブ2017-2018 観覧応募方法や当選倍率予想はこちら

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2017年セトリ

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る