音楽配信サービス(聴き放題・定額制)おすすめ徹底比較ランキング7選!

LINEで送る
Pocket


定額で音楽が聴き放題になる音楽配信サービスのシェアが急速に拡大してきています。

Apple Music、Google Play Music、AWA、LINE MUSIC、Spotifyなど、音楽聴き放題のサービスはたくさんあるので、どれがいいのか検討し始めてる方もいることでしょう。

ここでは、定額音楽配信サービスをまだ利用したことがない方、これから利用しようと思っている方のために、各社サービスの特徴を徹底比較してランキング紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

音楽配信の購入方式の違い

定額制の音楽配信サービスを利用する上でまず知っておきたいことは、音楽データの購入方式です。

音楽配信には、曲単位であらかじめダウンロードする方式と、インターネット回線からストリーミングで曲を聞く方式と2つがあります。
一言でいうと、ダウンロード販売が「所有する権利」を購入するのに対し、ストリーミングサービスは「聴く権利」を購入するということになります。

ダウンロード販売

アーティストが配信している音楽データ(mp3ファイルなど)を1曲ごとまたはアルバム単位で購入し、端末に保存する方式がこちらです。
その都度支払いするので、CDショップに行って購入する感覚に近いです。

一度ダウンロードをすれば、インターネットに接続されていなくても音楽を楽しむことができます。
端末に空き容量が必要ですが、ダウンロードした曲はいつでも聴くことができます。

音楽データは所有物になるので自由にコピーでき、サービスを退会しても楽曲を聴けます。

ストリーミングサービス

定額制で音楽が聴き放題になるサービスがこちらです。

音楽データ(mp3ファイルなど)をスマホやタブレット、PCなどの端末に保存しないため、空き容量の心配がないのがメリットといえます。
持っていない楽曲でも、その場で聞けるのがストリーミングのいいところです。

端末にダウンロードしないため、基本的にはインターネットに接続されていない環境では音楽を聞くことはできません。
ただ、最近では1度再生することでデータがキャッシュされ、インターネットに接続してくても音楽を聞くことができる「オフライン再生機能」も各社搭載してきています。
これによって同じ楽曲を再生する場合、通信料が発生することはありません。

音楽データは所有していないのでコピーはできません、サービスを退会すると楽曲は聴けなくなります。

定額制の音楽配信サービスとは?

定額の音楽配信サービスとは、上記でお伝えした通り「ストリーミングサービス」になります。

月額料金を払うことで、配信されている音楽が何曲でも聴き放題(サブスクリプション)になるサービスです。

音楽配信サービスの面白いところは、聴き放題になることだけでなく、よく聞く曲の傾向からおすすめの曲を紹介してくれたり、様々なプレイリストによって音楽の楽しみ方の幅が広がったりするところにあります。

アメリカではCDメディアの売上は減少し続け、変わってダウンロード、ストリーミングサービスが主流になっていますので、日本でもこの流れが強くなっていくでしょう。

音楽配信サービスの比較表

音楽配信サービス月額料金楽曲数無料期間
Apple Music980円3000万曲3ヶ月間
AWA960円3000万曲30日間
Google Play Music980円4000万曲30日間
KKBOX980円2000万曲1ヶ月間
LINE MUSIC960円2500万曲30日間
Spotify980円4000万曲30日間
レコチョクBest980円550万曲1ヶ月間
Amazon Prime Music400円100万曲30日間
ANiUTa600円5万曲なし
dヒッツ500円450万曲31日間
楽天ミュージック980円500万曲30日間

※月額料金は、各サービスの最も一般的な個人プランの料金を表示しています。
サービスによっては、学割料金やファミリー料金などのお得なプランがあるものもあります。
一つずつ詳しく紹介していきます。

音楽配信サービス登録の前に事前確認

冒頭で説明した通り、聴き放題の音楽配信はストリーミングサービスになりますので、通信の際のデータ量が多くなります。
そのため、自身のインターネットの通信環境に問題がないかだけは確認しておきましょう。

wifiや自宅のネット回線であれば問題ないですし、スマホで聴く場合は通信料が定額制のプランのものでないと制限がかかったりしてしまいます。

次からは、聴き放題の音楽配信サービスを選ぶポイントを紹介します。

取り扱い楽曲数・ジャンル

各社サービスによって、取り扱い楽曲数や音楽ジャンルに多少の違いがあります。
後に紹介しますが、「KKBOX」は、K-POPやC-POPといった音楽ジャンルに強い音楽配信サービスです。
レコチョクBestでは、アーティストに特化した割安プランがあったりします。

自分の興味のあるジャンルや、お目当てのアーティストの音楽が配信されているかどうかがポイントです。

プラン(利用料金)

気になる利用料金ですが、だいたいどの音楽配信サービスも月額1000円前後と横並びです。
ただ、学割プランやファミリープランといったお得なプランは、あるものとないものがあります。

無料プランもありますが、広告が表示されたりフルで聞くことが出来なかったりと制限が発生します。
どのサービスも無料トライアル期間があるので、試しに利用してみて料金分の価値があるかどうかがポイントです。

機能や使い勝手

ストリーミングサービスでも、キャッシュすることでインターネットに接続していなくても音楽が聞ける機能(オフライン再生)も便利です。

アプリの使い勝手は各社サービスで特徴があります。
利用してみないと分からない部分なので、とりあえず無料トライアル期間で試してみましょう。

また、レコメンド機能が充実しているサービスだと、自分の好きな曲に関連するおすすめされたり、ユニークなプレイリストなどがあります。
新しい音楽の出会いが欲しい方にとっては嬉しい機能です。

それでは、選ぶポイントにスポットを当てながら、各音楽配信サービスをランキング紹介していきます!

定額制で聴き放題の音楽配信サービスおすすめランキング7選

1位:AWA(アワ)

AWA - 音楽ストリーミングサービス

AWA – 音楽ストリーミングサービス
開発元:AWA Co. Ltd.
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :AWA株式会社
開始     :2015年5月
月額料金   :月額960円
曲数     :3,000万曲
無料お試し期間:30日間
歌詞表示   :有り
オフライン再生:有り(無制限)
クラウド機能 :無し
音質     :64kbps~320kbps

エイベックスとサイバーエージェントが共同で立ち上げた音楽配信サービスです。

おすすめプラン
「Freeプラン」と「Standardプラン」の2つがあります。
無料で利用できる「Freeプラン」は、月に20時間まで、1分30秒までのハイライト再生といった制限があります。
まずは「Freeプラン」を利用して、使い勝手や取り扱い楽曲を確認してみましょう。

機能や使い勝手
PC版、スマホ版ともにセンスの感じられるデザインでかっこいいと評判です。
広告が一切表示されないところや、曲間がフェードアウト・フェードアウトするので心地よく音楽を楽しむことが出来ます。
直感的に使えるため、操作性も抜群です。

その日のシチュエーションに合わせた選曲が楽しめる「ムード別プレイリスト」の他、様々なレコメンド機能が豊富です。
自分のプレイリストも公開できるので、他のAWAユーザーの作成したプレイリストを楽しめたり、交流や音楽との出会いがあるのが魅力的です。

取り扱い楽曲数・ジャンル
日本で最も早くサービスを開始しただけあって、邦楽ジャンルが充実。
楽曲数も3,000万曲と豊富です。

>>AWAの公式サイトはこちら<<

2位:Apple Music (アップルミュージック)

Apple Music

Apple Music
開発元:Apple
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :Apple Inc.
開始     :2015年11月
月額料金   :980円(個人プラン) / 1,480円(家族プラン) / 480円(学割プラン)
曲数     :3,000万曲
無料お試し期間:3ヶ月間
歌詞表示   :有り
オフライン再生:有り
クラウド機能 :有り(10万曲まで)
音質     :最大256kbps

iPhoneでおなじみのApple社が開始した音楽聴き放題サービスです。

「iTunes Store」が音楽のダウンロード販売をするのに対して、「Apple Music」はストリーミングサービスとなります。

おすすめプラン
「ファミリープラン」は、Google Play Music同様、月額1,480円で家族6人まで利用できるお得なプランです。
友達同士でも可能です。
学割プランもあるので学生におすすめのサービスです。

無料プランはありませんが、なんと業界最大の3ヶ月の無料トライアル期間があります。
3ヶ月も無料期間があるので、とりあえず試してみるのがいいでしょう。

機能や使い勝手
iOS標準の「ミュージック」アプリから利用することができます。
そしてappleユーザーにはおなじみの「iTunes」で一括で管理・再生できます。

「Apple Music」のクラウド上に最大10万曲まで保存できるクラウド機能があります。

再生中の曲と似ている曲が表示される「ステーション」
再生履歴からユーザーの趣向にマッチした楽曲を表示する「For You」
有名アーティストを迎えて構成されるラジオ機能「Beats1」
などなど、充実の機能があります。

取り扱い楽曲数・ジャンル
洋楽を中心に3,000万曲と充実しています。
ただ、他サービスが最大320kbpsなのに対し、「Apple Music」は最大256kbpsです。
音質に関しては普通レベルといったところかもしれません。

3位:LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC(ラインミュージック)
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :LINE MUSIC 株式会社
開始     :2015年6月
月額料金   :960円(プレミアムプラン)500円(ベーシックプラン) / 480円(学生プレミアムプラン) / 300円(学生ベーシックプラン)
曲数     :2,500万曲
無料お試し期間:30日間
歌詞表示   :有り
オフライン再生:有り(最大500曲 / アルバム最大100枚)
クラウド機能 :無し
音質     :64kbps~320kbps
※ベーシックプランはAndroid端末のみ。

コミュニケーションツールでおなじみの「LINE」との連携機能が特徴的な音楽配信サービスです。

LINEのプロフィール欄に好きな曲をBGMとして流したり、着信音に設定することができます。

おすすめプラン
「プレミアムプラン」と「ベーシックプラン」があります。
「ベーシックプラン」は、月額500円で月に20時間までの楽曲が聴き放題になります。

「プレミアムプラン」になると、月の視聴制限がなくなり「LINE 着うた@」なども利用可能になります。

また、スマホの格安SIM「LINEモバイル」のプランには、LINE MUSICを無制限で聴けるプランがあるので、こちらはかなりお得になっています。

機能や使い勝手
LINE MUSICの魅力は、やはりLINEと連携されているところです。
ユーザー同士でお互いのプレイリストを楽しんだり、シェアした音楽をLINEのトーク画面上で再生できます。
学生やスタンプなどのコミュニケーションが好きな方には魅力的な機能です。

取り扱い楽曲数・ジャンル
J-POPの取り扱いが多いので、話題の曲を友達とシェアしたいという方におすすめのサービスです。

4位:レコチョクBest

レコチョク Best(レコチョクベスト)-音楽聴き放題アプリ

レコチョク Best(レコチョクベスト)-音楽聴き放題アプリ
開発元:RecoChoku Co.,Ltd.
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :株式会社レコチョク
開始     :2013年4月
月額料金   :980円(聴き放題プラン) / 324円(アーティストプラン)
曲数     :550万曲
無料お試し期間:1ヶ月間
歌詞表示   :有り
オフライン再生:有り(最大4,000曲)
クラウド機能 :無し
音質     :128kbps~320kbps

国内のメジャーレーベルが共同で立ち上げた大手音楽配信サービスです。
「レコチョク」が音楽のダウンロード販売をするのに対して、「レコチョクBest」はストリーミングサービスとなります。

おすすめプラン
レコチョクBest最大の特徴といえるのが、特定アーティストの楽曲のみが聴き放題になる「アーティストプラン(月額324円)」です。
聴きたいアーティストが決まっているという場合は、おすすめの格安プランです。

無料プランは、1曲につき30秒のハイライト再生を視聴することができます。

機能や使い勝手
プロによる編成プレイリストが1000以上配信されています。
CMやドラマで話題の曲のランキング
お気に入りのアーティストに似たおすすめが表示される「おすすめBEST」など

取り扱い楽曲数・ジャンル
他サービスと比べると取り扱い楽曲は少ないですが、国内で配信されている邦楽や新曲はほとんどの取り扱いがあります。
国内の話題曲に興味がある方や、聴きたいアーティストが決まっている方にはおすすめできるサービスです。

>>レコチョクBestの公式サイトはこちら<<

5位:Google Play Music (グーグルプレイ・ミュージック)

Google Play Music

Google Play Music
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :Google Inc.
開始     :2015年9月
月額料金   :980円(個人プラン) / 1480円(家族プラン)
曲数     :4,000万曲
無料お試し期間:30日間
歌詞表示   :無し
オフライン再生:有り
クラウド機能 :有り(5万曲まで)
音質     :最大320kbps

インターネット業界の最大手「Google」が他サービスを研究し尽くし、満を持して開始した音楽配信サービスです。

「Play割引ポイントプログラム」キャンペーンでは、Google Playストアの購入が10%割引になります。
音楽だけでなく、アプリや映画の購入にも適用されるお得なサービスです。

おすすめプラン
「ファミリープラン」は、Apple Music同様、月額1,480円で家族6人まで利用できるお得なプランです。

機能や使い勝手
Google Playストアで購入した音楽や自分で追加した音楽も、定額配信の音楽と同じプレーヤーで再生できます。

ユーザーのライブラリやお気に入りのアーティストからおすすめを選曲してくれる「ラジオ機能」があります。
天気や位置情報などから気分に合わせたプレイリスト表示もgoogleならでは。

他のサービスにはない機能として、「ロッカー機能」があります。
これは、Google Play Musicクラウド上に最大5万曲まで保存できる無料サービスです。

取り扱い楽曲数・ジャンル
4,000万曲もの取り扱いがあるので、たくさんの新しい音楽と出会いたいというユーザーにはおすすめです。

6位:Spotify(スポティファイ)

Spotify - 世界最大の音楽ストリーミングサービス

Spotify – 世界最大の音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :スポティファイジャパン株式会社
開始     :2016年9月
月額料金   :980円(Spotify Premiumプラン) / 480円(学割プラン) / 0円(Freeプラン)
曲数     :4,000万曲
無料お試し期間:30日間
歌詞表示   :有り
オフライン再生:有り(Premiumのみ最大3,333曲)
クラウド機能 :無し
音質     :96kbps~320kbps

2008年にスウェーデンで開始された世界最大手の音楽配信サービスです。
日本では2016年11月にサービスが開始されました。

おすすめプラン
「Freeプラン」は無料で4,000万曲がフルで聴き放題になる驚きのプランです。

ただし、シャッフル再生しかできない上に、30秒程の広告が表示されます。
順番通りに再生できず、曲をスキップするにも制限があります。
また、キャッシュできないためオフライン再生ができません。

「Premiumプラン」では、これらの制限が解除されます。

機能や使い勝手
とてもシンプルで直感的にわかりやすく、デザインの評判も良いです。

お気に入りのアーティストやプレイリストをフォローしておけば、おすすめの曲や新曲情報が表示される機能が充実。

取り扱い楽曲数・ジャンル
4000万曲と曲はトップクラスですが、スウェーデンから開始された世界的なサービスとあってか、洋楽が豊富で邦楽は少なめです。
洋楽好きにはおすすめです。

まずは無料の「Freeプラン」を試してみてみるのがいいでしょう。

7位:KKBOX(ケイケイ・ボックス)

KKBOX - 音楽聴き放題アプリ Let's music!

KKBOX – 音楽聴き放題アプリ Let’s music!
開発元:KKBOX
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :KKBOX JAPAN合同会社
開始     :2013年6月
月額料金   :980円
曲数     :2,000万曲
無料お試し期間:1ヶ月間
歌詞表示   :有り
オフライン再生:有り(最大4000曲)
クラウド機能 :無し
音質     :128kbps~320kbps

KKBOX JAPAN合同会社によって2004年から開始された音楽配信サービスです。
取り扱い楽曲はアジア圏が豊富なのが他にはない最大の特徴です。

PCからは1曲30秒の無料視聴が可能です。
利用できる端末は1つの契約につき3台までという制限があります。

機能や使い勝手
曲の音声で検索できる機能があります。
動作や表示は他サービスに比べると劣る部分があります。
一度曲を再生すると自動キャッシュされるため、2回目からはオフライン再生が可能になります。

「Listen with」というユーザーやアーティストと音楽を聞きながらチャットできる面白い機能があります。
また、アーティストのライブ中継を聴けたりといった交流があるのも特徴です。

取り扱い楽曲数・ジャンル
2,000万曲の取り扱い楽曲がありますが、アジア圏の楽曲が豊富です。
邦楽よりも、K-POPやC-POPが好きという方には魅力的なサービスといえます。

>>KKBOXの公式サイトはこちら<<

番外編

Amazon Prime Music(アマゾン・プライム・ミュージック)

Amazon Music

Amazon Music
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :amazon
開始     :2015年11月
月額料金   :年額3,900円 / 月額400円
曲数     :100万曲
無料お試し期間:30日間
歌詞表示   :無し
音質     :最大256kbps

Amazon Prime Musicは、Amazonが運営する音楽配信サービスです。

amazonのプライム会員になるとお急ぎ便が無料になるのですが「Amazon Prime Music」も利用可能となります。

プライム会員は年間3,900円なので、1ヶ月に換算するとなんと月額325円と格安です。
ただ、取り扱い楽曲が100万曲程度なので、どちらかというとお急ぎ便サービスの特典ぐらいに考えられればお得感があります。

dヒッツ

dヒッツ[Android4.4以上用]

dヒッツ[Android4.4以上用]
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :株式会社NTTドコモ
月額料金   :500円
曲数     :450万曲
無料お試し期間:31日間
歌詞表示   :有り
音質     :128kbps~320kbps

「dミュージック」が音楽のダウンロード販売をするのに対して、「dヒッツ」はストリーミングサービスとなります。

聴き放題の音楽配信サービスは、基本的に個別に曲を指定できるオンデマンド型なのですが、dヒッツはラジオ型です。
ラジオ型は、シーンやジャンルなどのプレイリストを選択して聴くため、個別に曲を聴きたい人には使いづらく感じると思います。

楽曲は450万曲と少なめですが、実はオリコン上位のアーティストについてはトップクラスなので、テレビや映画で流行っている音楽が好きな方には最適かもしれません。

>>dヒッツの公式サイトはこちら<<

楽天ミュージック

Rakuten Music(楽天ミュージック)

Rakuten Music(楽天ミュージック)
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :楽天株式会社
開始     :2016年8月
月額料金   :980円 / 500円
曲数     :500万曲
無料お試し期間:30日間
歌詞表示   :有り

インターネット総合ECサイトでお馴染みの「楽天」が開始した音楽配信サービスです。

会員になると、楽天ポイント5倍、楽天ブックスのCDが5%割引、楽天Payのポイントが貯まったりといった特典が受けられます。

楽天のヘビーユーザーやポイントフリークには嬉しいサービスです。

ANiUTa(アニュータ)

初回1ヶ月無料「アニュータ」定額アニソン聴き放題

初回1ヶ月無料「アニュータ」定額アニソン聴き放題
開発元:ANIUTA, INC.
無料
posted with アプリーチ

運営会社   :株式会社アニュータ
開始     :2017年3月
月額料金   :月額600円
曲数     :5万曲
無料お試し期間:1ヶ月間
歌詞表示   :有り
音質     :最大320kbps

アニメに特化した音楽配信サービスです。
1曲30秒の無料視聴ができます。

他のサービスでは取り扱っていないアニソンやボカロ曲が豊富にあるため、アニメ好きにはおすすめです。

音楽配信サービスのランキングまとめ

音楽媒体は、レコード→テープ→CD→MP3へと急速に変化を遂げてきました。
そして、これからは、定額制で聴き放題になる「音楽ストリーミング配信サービス」が主流になっていくことが予想されます。

CDでは10曲程度、
iPodの登場で1000曲
そして、ストリーミング配信では4000万曲
最終的にはほぼ無限へとなる時代へと音楽の楽しみ方は発展していくでしょう。

聴き放題の音楽配信サービスは、どれも30日間程度の無料トライアル期間があります。

使い勝手や楽曲ラインナップは実際に使ってみないと分からない部分なので、まずはお気軽に試してみてはいかがでしょうか。
合わないなと思ったら、無料期間中に解約してしまえば料金はかかりません。

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2017年セトリ

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る